愛され力を磨く

男性は自分の”好き”の気持ちに気づかない

男性は自分の”好き”の気持ちに気づかない

女性にとっての恋愛と、男性にとっての恋愛で大きく違うのが

男性は

恋愛=SEX

だと思っていること。

一方で女性は

恋愛=結婚につながるもの

と考えていると思います。

よく「下心がありそう」なんて言うけれど、下心があるのはむしろ当たり前だったりします。

男性は最初は、性的興味で近づいてくるのです。

女性にとっては全くもって理解しがたいけれど、男性とはこうゆうものだ!と認識するしかありません。

それゆえ、男性は自分の「好き」という気持ち

それ以前に男性は、自分の感情に気づくのが苦手な生き物なのです。

たとえば男女がおんなじ場面をみたときに

女性は「すごくかわいそうに思った」などと自分の感情を話すのに対し

男性は「あの子はなんであんなことを言うのだろう」と話したりします。

そして「好き」とか「寂しい」とか、自分の感情を素直に伝えられるのもやっぱり、女性です。

彼が「好き」って言ってくれない、「寂しい」って言ってくれない、と悩むのも女性です。

それではさて

どこからどう見ても、なにをどう考えても、彼は私のことが好きなんだろうなぁ、と感じるのに、いつまでたっても告白してこない!

という場合。

その男性にとっての事情もあるでしょうし、理由もいくつかあるでしょうが

その理由のひとつが
「この子のことが好き」
と、ハッキリわかっていないこと。

いい子だなぁ、可愛いなぁ、エッチしたいなぁとは思うけれど、「好き」かと言われるとわからない。

「いやいや、私のこと好きでしょ!!」

って女性側は思ってしまいますが、男性は残念ながらなかなか自分の気持ちに気づかない。

それならば、どうやって気づくのかというと

「こんなに一緒にいるんだから、この子のが好きなんだなぁ」

とか

「こんなにいろいろやってあげているんだから、この子のことが好きなんだなぁ」

というふうに、自分のあなたに対する行動によって、気づくのです。

なのでそれを逆手にとって

大好きな人には、いろいろやってもらうというのは、大アリ!

つまり、手のかかる女性ほど好きになる、という原理がある、とも言えます。

手のかかる女性といっても、面倒な女性とは違うので、そこをお間違えなきよう!!

相談をするといって、いきなり重た〜い相談をしてしまうとか、なにかにつけて頼りすぎるとか、それでは面倒な女性になってしまいます。

人はどうしてもネガティブな人とは、なんとなく距離をとってしまいたくなるものですからね。

可愛く小さなお願いごとを、ポンポンとするのがいいのではないでしょうか。

会えない日は綺麗になる日♡
綺麗になる

彼に会えない日は、とびっきり自分を磨いて綺麗になる日。私も使っているOZmallは、編集部が実際に足を運んで厳選したサロンばかりだから、口コミ評価も高いサロンが多くて安心です。綺麗を叶えてくれるサロンで今日より綺麗な自分に出会おう。

>> OZmallのプレミアムサロン予約