愛される女になる

あなたが愛されない原因かも!?男性が女性にされると嫌な5つのこと

あなたが愛されない原因かも!?男性が女性にされると嫌な5つのこと

男性には何かをしてあげることより、されて嫌なことをしない方が大切です。

そもそも男性は、女性になにかをして欲しい、とはそれほど思っておらず、反対に、何かをしてあげたいし、何かをしてあげることで愛情を募らせていきます。

そして、それを素直に受け取るのが女性の役目であり、愛される女性は受け取るのがとても上手です。

これから、男性が女性にされたくないことを5つご紹介していきます。

もし今、あなたが愛されていない!と感じるのなら、このうちのどれかをやってしまっているのかもしれません。

1. 変えようとすること

「もっと○○してほしい」「なんで○○してくれないの?」などと男性に対して要求をぶつけることは、男性を変えようとしていることになります。

そして男性は、自分を変えようとする女性を愛したいとは思えないのです。

男性は「いまの俺を、そのまんま受け入れてくれる」女性を求めているから。そんな女性と一緒にいたいから。

知っておいてほしいのは、他人を変えることはできないということ。

変えられるのは自分だけだということ。

彼を変えようとせず、自分の好きなことをやって機嫌よくいたら、彼のほうから勝手に変わってくれることは、あることです。

変えようとすることは、彼を思っての行為ではまったくなく、自分のため。そこには「愛」がないのですね。

また、「もっと○○してほしい」「なんで○○してくれないの?」は、「俺といても、幸せじゃないんだ」と男性に伝わってしまいます。

男性は、幸せにできないと感じた女性を、愛そうとはしません。

2. 指図されること

男性は女性より上でいたいと思っています。

だから、女性から指図をされたり、アドバイスされることを嫌います。

ついつい、「もっとこうした方がいいんじゃない?」とアドバイスしたくなってしまうかもしれませんが、女性が思っている以上に、男性はアドバイスされたくない!と思っています。

アドバイスをするのなら、彼から「どうしたらいいと思う?」と意見を求められた時だけにするのが賢明です。

「だって、彼の役に立ちたいんだもの」と思うかもしれませんが、「役に立ちたい!」と思うのは、男性が女性に対して思うこと。

男性は、女性に対して「役に立つかどうか」を重要視しておらず、それより、男性に、あなたの役に立たせてあげることが、愛される女性になる秘訣です。

3. 遠慮されること

男性は女性に遠慮してほしくないと思っています。

遠慮されてしまうと、「どうすれば喜ぶのか?」「どうすれば役に立つのか?」がわからないから。

彼女を喜ばせたい!役に立ちたい!という、男性にとっての醍醐味が奪われてしまうことになるから。

そして、女性に遠慮されると「俺って必要とされていないんだなぁ」と感じてしまいます。

「必要とされたい!」という欲求は女性より男性のほうが強いと言われており、必要とされることで、彼女を守りたい!と思います。

必要とされていないと感じると、彼女の対して何もしたくなくなってしまうのです。

4. 束縛されること

男性は自由が大好き!

そして、時には一人になりたがりますし、そんな時に放っておける女性が愛されます。

「放っておいてくれてありがとう」と、彼女からの愛を感じるのです。

男性は自分を束縛しようとする女性からは距離をとろうとします。

そして、「束縛してくる!」とは、すなわち「俺は信頼されていない」と考えます。

男性にとって信頼されていることは本当に大切で、信頼されていないと感じると、愛することができなくなってしまいます。

信頼されていないことが、別れの原因になるほどなのです。

5. プライドを傷つけられること

男性にとってのプライドは、すべて、と言えるぐらいに大切なもの。

プライドを傷つけられた時の憤りは、女性が想像するより遥かに大きいと言われています。

2番目に書いた「指図する、アドバイスする」というのも、男性のプライドを傷つける行為のひとつです。

なぜなら「俺はできない奴と思われている」と伝わってしまうから。

彼をバカにするようなことを言ったり、見下ししてしまうのはもちろんのこと、彼の能力を否定するようなことは、しないようにしてくださいね。

彼を「できない人」としてみるのではなく、彼を「できる人」としてみること!

これが大切です。

私も利用してます♡OZmallが厳選したエステサロンで綺麗になろう。

イトイハナのお気に入り
イトイハナのお気に入り

美容系や雑貨、ファッションなど、私のお気に入りアイテムをたまに更新していきます。お時間があれば、ぜひのぞいてみてくださいね。

イトイハナのお気に入り