男性心理

大丈夫LINEはうざい?男性が心配されると嫌になる心理

大丈夫LINEはうざい?男性が心配されると嫌になる心理

私が男性心理を勉強して、一番驚いたのが「男性は心配されたくない!」ということでした。

なぜなら、私は大好きな人に心配されたり、気にかけてもらえたら嬉しいから。

私のこと、大切に思ってくれているんだなぁって思えるから。

だから、これまでの恋愛では男性を、彼氏を心配しまくっていました。

風邪をひいたと知れば「大丈夫?」のLINEにはじまり、「必要なものがあったら買っていくから言ってね」などと、まるで母親のよう。

仕事で疲れていたり、なんだか元気がないように見えれば、「何かあったの?」と心配する。

「ありがとう」と言ってくれる時もあるけれど、返信がなかったり、素っ気なかったりしたこともありました。

だけど、風邪だから、元気がないから、なのだろうと・・・。

たまには「私、うっとおしいかな?」なんて思ったりもしましたけれど、実はその通りで、「大丈夫?」のLINEは男性にとってうざい!らしい。

女性のみなさんなら、彼氏を心配したくなる気持ちはわかりますよね?

逆に、風邪をひいているのに心配しないなんて、冷たい女だと思われそうだし、心配しない方が悪いことだ、なんて思っていました。

少なくとも私は、風邪をひいているのに「大丈夫?」のLINEが来なければ、「なんで心配してくれないの?」って悲しくなるからです。

男性は女性に心配されると嫌になります。

男性にとって「大丈夫?」のLINEは正直うざい時のほうが多いんです。

とくに、好きな女性には心配されたくないのが男ゴコロ。

たとえて言うなら、あなたが元気がない時に、彼氏が気にかけてくれないと「なんで気にかけてくれないの?察してくれないの?」と嫌になるのと似ています。

男性と女性では、まるで正反対なんです。

だからもし「大丈夫?」とLINEをして返信がないのだとしたら、あなたが、察してくれない彼氏にむくれている時と同じ心境だと思ってみればいいでしょう。

彼も、ちょっとむくれているんですね。

男性が女性に心配されるのが嫌な理由

男性は女性の前ではカッコよくいたいし、すごい男だと思われたいし、できる男だと思われたい。

女性に心配されるということは、すなわち、

「俺ってできない男」
「俺って情けない男」

に思われていると感じるのです。

男性にとって大切な「プライド」が許さないわけです。

「俺は、女性に心配されるほど落ちぶれちゃいない!」という感じでしょうか。

とくに好きな女性に心配されるほど、傷つくことはありません。

「大丈夫?」の心配LINEを送りたくなったら

そうは言っても心配したくなるのが女ですよね。

元気のない彼氏の役に立ちたいと思うし、どうにかして元気になってほしいと思います。

だけど、男性がそれを嫌がるなら、放っておくしかありません。

嫌がると知っていてもどうしても「大丈夫?」ってLINEを送りたくなってしまうのは、自己満足です。

彼氏を心配している自分が好き、とか、優しい私が好き、とかです。

彼を心配したいだけ、なんです。

ただ、私は、偽善とか自己満足ではなく、「本当に彼のことが心配」という場合には、嫌がられてもいいから心配します。(そんな頻繁にはありませんが)

そして、そういう時は彼も嫌がりませんし、ちゃんと伝わるのだなぁと感じています。

反対に「彼を心配したいだけ」「彼を心配する自分が好き」なんて時は、「大丈夫?」とLINEをしても返信がこない。

なので、もうこういう時には「大丈夫?」LINEをしません・・・。

男性は、放って置かれずに心配されてしまうと、「俺はひとりで解決できない男」だと思われているのだと、あなたのことが嫌になるだけです。

「俺って、そんなに弱い男だと思われているの?」
「もっと、俺を信頼してくれよー!」

となるのです。

だから、放っておく。 

もし「大丈夫?」とLINEをして返信が来なければ、さらに追い打ちLINEをしないこと!

したくなる気持ちもわかりますが、余計にうざいと思われてしまいます。

男性が自分から「手を差し伸べてほしい」と訴えてこないのなら、いくら元気がなさそうであっても放っておくんです。

男性もそれを望んでいるのだから。

元気のない男性のテンションにあわせて、あなたまでテンションを下げるのではなく、いつも通りにする。

元気のない自分は、男性にとってカッコ悪いので、そんな俺に気づいてほしくないのが男ゴコロなのですね。

私も利用してます♡OZmallが厳選したエステサロンで綺麗になろう。

イトイハナのお気に入り
イトイハナのお気に入り

美容系や雑貨、ファッションなど、私のお気に入りアイテムをたまに更新していきます。お時間があれば、ぜひのぞいてみてくださいね。

イトイハナのお気に入り