愛される女

彼に愛されるようになった5つの秘訣

彼に愛されるようになった5の秘訣

これまでの恋愛ではさんざん、大好きな人を追いかけて、大好きな人に尽くして、大好きな人を愛するばかりでした。

こんなに頑張っているんだもん、

いつかは私を愛してくれるはず!
いつかは愛される恋愛ができるはず!

と思っていたのです。

だけど、ぜーんぜん違っていました。

追いかけられたいなら、追いかけない。
尽くされたいなら、尽くさない。
愛されたいなら、愛さない。

基本はコレです。

恋愛でさんざんこじらせまくっていた私でも、大好きな彼に愛される恋愛ができるようになりました。

だから、みなさんも、きっと大好きな彼に愛される恋愛ができるようになります。

さて、これから、わたしが愛される恋愛ができるようになった秘訣をお話します。

これまでの記事でもいろいろと書いてきていますが、重要なことを5つにまとめてみましたので、参考にしていただけたら嬉しいです。

【1】自分が一番

「大好きな彼に愛されるようになった秘訣はなに?」

と聞かれれば、真っ先にこれを答えるでしょう。

彼が大好きすぎると、なかなか難しいんですよね、自分を一番にするって。

わたしも本当に難しかった・・・。

めちゃくちゃ難しかった!

でも自分より彼が一番になってしまっているようでは、彼に愛されるようになるには時間がかかるでしょう。

彼が一番=恋の主導権は「彼」が握っている

だから。

男性が愛したくなるのは、自分(女性自身)のことに夢中になっている女性です。

たえず矢印が男性に向いているような女性を、男性は愛したい、とは残念ながら思わないのです。

「俺のことばかり」の女性を、魅力的だとは思ってくれないのです。

そして、彼が一番の状態は、あなたのすべてが彼の一挙手一投足に支配されている、ということ。

・彼の返信が遅ければ不安になる
・彼のLINEがそっけなければ不安になる
・彼が飲み会に行くとなれば不安になる
・彼がLINEをくれなくて不満がつのる
・彼が時間をつくってくれなくて不満がつのる

こんな状態の女性が愛されるはずは、ありませんよね。

彼の一挙手一投足に支配されないためには、やっぱり自分を一番にすることです。

自分で自分を満たすことです。

人は満たされていないと、その満たされていない思いを誰かにぶつけたくなってしまいます。

自分が満たされていないのを彼のせいにして、彼に不満をぶつけてしまっては、到底愛されるはずがありません。

彼には彼の時間があります。

そして、あなたにも、あなたの時間があります。

自分で自分の時間を充実させて、自分で自分を満たす。

彼からのLINEが気にならないくらい、
彼が飲み会に行っても気にならないくらいに、

自分の時間を充実させることができれば、

彼に愛される日も、そう遠くはないでしょう。

【2】愛し方を間違えない

「愛されたいなら、愛さない」と最初に書きましたが、正確には、「愛し方を間違えない」です。

彼が大好きだと「好き」ってたくさん言いたくなるし、からだ全体で「好き」を表現したくなります。(かつての私)

LINEでも「好き」ってたくさん言うし、「会いたい」「寂しい」のオンパレードでした。

でも、男性ってやっぱり追いかけたいんです。

彼女から「好き」「会いたい」「寂しい」がたくさん発信されると、男性が彼女を追いかける必要はないし、男性が彼女を愛する隙がなくなってしまいます。

彼女を愛することをしなくなってしまうんです。

本当は愛したいのに!

男性への愛の伝え方は、「好き」「会いたい」「寂しい」を言うことではありません。

(たまになら、いいんですよ。たまになら、男性だって嬉しいです。)

男性への愛の伝え方は、信頼すること、尊敬すること、認めること。

そして、男性からの愛を受け取って、感謝すること。

【3】自分らしくいる

「彼に好かれるようにしなくちゃ!」
「彼に嫌われないようにしなくちゃ!」

わたしも、ずーっとこの2つの思いで彼に接していました。

こんな思いで彼に接している時って、自分が相手の下になってしまっているんですね。

ということは、彼は自動的に「俺は彼女より上だ」と思います。(女性のほうが、勝手に下に行ってしまったから、彼が勝手に上になるんです)

しかし残念なことに、人は自分より下だと思う人間に魅力を感じません。

だから、彼に好かれるように、嫌われないように、という態度では、彼はあなたを魅力的には思わないのです。

人が人を好きになるのは、その人らしさです。

彼に好かれるように、嫌われないようにという態度でいるときの自分って、ぜーんぜん本当の自分ではありません。

正直、素の自分を出したら嫌われる、好きになってもらえない、とさえ思っていました。

でも、これは大きな間違いでした。

(自分で「本当の私をだしたら好かれない!」なんて思っている女性を、好きになるはずがないのです)

自分らしく振る舞えるようになったことで、彼に愛されるようになりました。

少しぐらいブラックな自分を彼の前で出してしまっても、そんなことで彼は私を嫌いにはならない。

という、彼の私への愛を信頼している、というメッセージでもあります。

あなただって、彼の少々ブラックな一面を見たからといって、そんなことで嫌いにはならないでしょう?

男性が女性との別れを考えるのは、「俺を信頼してくれてない、必要としてくれてない、尊敬してくれてない、認めてくれてない、感謝してくれない」ときです。

ちょっとやそっとのことで、嫌いになんてなりません。

むしろ、自分らしさを出さないから、彼があなたを愛したくなる隙が生まれないのです。

【4】相手をコントロールしようとしない

他人はコントロールできません。
もちろん彼氏もコントロールできません。

コントロールできないのにコントロールしよう、思い通りにしようと思うから、恋愛が苦しくなってしまいます。

だって、できないのにやろうとするから。

コントロールできるのは、唯一自分だけです。

自分ならいかようにもコントロールができますし、自分が変わることで相手が変わることは充分にありえることです。

彼があなたを愛さないのは、愛したくなるあなたではないから。

彼があなたに会いたがらないのは、会いたいと思うあなたではないから。

彼をコントロールしようとするのではなくて、彼が愛したくなるあなた、彼が会いたくなるあなたになればいい。

そして、人は自分をコントロールしようとする人から逃げようとしてしまいます。

コントロールしようとする思いは、相手に伝わってしまうから。

「思い通りになってたまるか!」
とばかりに、

コントロールしようとすればするほど、
相手は、逆の行動をとってしまうのです。

そして、彼を変えよう、変えようとしないほうが、返って変わるものです。

【5】受け取り上手になる

男性が与えて、女性が受け取る。

これが恋愛の基本です。

このことを知らなかったかつての私は、男性には与えまくっていました。

結果、「あー愛されて幸せだなぁ」という恋愛からはほど遠い恋愛をしていました。

こちらが与えれば、あちらは受け取る専門。

これでは、男性が与える隙がまったくなくなってしまうのですね。

彼がしてくれることを喜ぶ!

ただコレだけ。

お返しになにかをしてあげるんじゃなくて、女性の笑顔が、彼にとっての一番のご褒美なのだから。

男性は、好きな女性を幸せにしたい。

好きな女性が笑ってくれているのが嬉しい。

自分が与えるものを受け取ってくれる女性に、ますます与えたくなるし、そうやってどんどん愛を募らせてゆきます。

女性は自分の好きなことをして、幸せそうに過ごしているだけでいい。

そんな女性に、男性はたくさんのもの(それは愛情だったり、役に立ちたいという思いだったり、喜ばせたいという思いだったり)を与えてくれます。

それらを、ただ、素直に受け取って、喜び、感謝をする。

これが、彼に愛されるための基本です。

Twitterしてます。フォローや「いいね」本当にありがとうございます♡

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール
関連記事