愛され力を磨く

「好きなら、こうしてくれるはず」をやめて恋愛がうまくいく

「好きなら、こうしてくれるはず」をやめて恋愛がうまくいく

私もかつては、
「私のことが好きなら、こうしてくれるはず」
の呪縛に踊らされていました。

「こうしてくれないから、私のことが好きじゃないんだ」

と勝手に相手の男性の気持ちを決めつけて、
自分の気持ちが不安定になり、
結局、うまくいくかもしれなかった恋愛を壊してしまう。

そんなことが、ありました。

「私のことが好きなら、こうしてくれるはず」
をやめない限り、恋愛はうまくいきません。

好きだったら、誘いを断るはずない
好きだったら、返信が早いはず
好きだったら、LINEが来るはず
好きだったら、いつも急に誘わないはず
好きだったら、誘ってくれるはず
好きだったら、送ってくれるはず
好きだったら、心配してくれるはず

これって結局どうゆうことかというと、
相手の「してくれない」ばかりを見ているんですね。

相手が「してくれている」ことを見ていないんです。

自分に自信がないものだから、
好きじゃない証拠さがしが得意になってしまっているだけ。

たとえば、誘いは断られたけど、LINEをくれるとします。

ここで、自分に自信がない人は、
「LINEをくれる」ことを拾わずに、
「誘いが断られた」ことを拾います。

反対に、

誘ったらOKしてくれたけど、相手からLINEがこないとしたら、

自分に自信がない人は、
「誘いをOKしてくれた」ことを拾わずに、
「LINEがこない」ことを拾います。

結局、

自分が考える「好きだったら、こうするはず」の「こうするはず」を全部してくれないと、「彼は私のことが好きじゃない」という結論を出してしまうということです。

ちょっとでも、自分の思う「好きだったら、こうするはず」の基準を満たさないと、「私のことを好きじゃない」と結論づけてしまうんです。

これって、かなりおかしいですよね??

彼に好かれている自信がないから、
無意識に「彼は私のことを好きじゃない」
証拠あつめをしてしまうんですね。

自信がないから、本当は「彼が私のことを好き」という確固たる証拠がほしい!

だけど、自信がないゆえ、潜在意識に「彼が私のことを好きじゃない証拠を見せてください!」ってお願いしてしまっているんです。

(無意識だから気づかないだけで)

だから、潜在意識は「彼は私のことを好きじゃない」証拠を集めてしまいます。

好きでも、誘いを断ることはあるし、
好きでも、LINEの返信が遅いことはあります。

実際に、私がそうです。

好きでも、誘いを断ることはありますし、
好きでも、LINEの返信が遅くなることはよくあります。

もし彼が、「俺のこと好きだったら、誘いを断るはずがない!」なんて思っていたら、私たちはとっくに終わっているでしょう。

だったら、どうしたらいいのでしょうか?

その答えは、
「私は彼が好き」
でいい。

なぜなら、彼の気持ちは彼にしかわからないからです。

「好きなんだからしょうがない!」
という一種の開き直りのようなものですが、

事実だから、本当にしょうがありません。

「私のことが好きなら、こうしてくれるはず」
という呪縛に踊らされても、恋愛が壊れてしまうだけです。

これは、私が過去にみっちりと経験済みです!

(自信をもって言うことではありませんね・・・)

自ら不安になる選択をしなくていいし、
自分に不都合な答えを探さなくていい。

「私のことが好きなら、こうしてくれるはず」
を手放すだけで、

恋愛が楽しくなるし、
彼との関係も現在よりはよくなります。

これも、私が経験済みです!

彼が何をしようが、何をしまいが、
「私は彼が好き」

そう覚悟を決めたときに、
恋愛がうまくいきはじめたなぁと、
そんな気がしています。

売れてる恋愛・結婚本TOP100
売れてる恋愛・結婚本TOP100

わたしも恋愛本を何冊も何冊も読んで研究しました!どの恋愛本を読もうか迷っている方は、Amazon.co.jpで売れている「恋愛・結婚本」のランキングをチェックしてみましょう。ランキングは1時間ごとに更新されます。

>> 売れ筋ランキングを見る!