愛される女になる

「彼に好かれるため」をやめると愛される

「彼に好かれるため」をやめると愛される

先日、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見ていたのですが、美容家の神崎恵さんの回でした。

そして、番組のなかで「自分のためにメイクする」と言う言葉がでてきたんですね。

他人から見て眉の1mmなんて違いがわからないけど、自分のためにメイクする、みたいな感じで出てきたと思います。

それで、この言葉を聞いて、思い出したことがあります。

私が愛されない恋愛をしていた頃は、何から何まで、ぜーぶん彼に好かれるためにやっていたなぁと。

メイクも、自分のためではなくて、彼が好きそうな雰囲気のメイクにしてみたり、

もちろん、好きな人に「可愛い♡」って思われたくてメイクするのは、女性ならあって当然ですが、私の場合は、本当に、100%、そのためだけにメイクをしていて、自分のためにメイクなんてしていませんでした。

だけど、「彼に好かれるために」をやめた今、とっても愛されています。

好かれるために、というのはもちろんメイクだけではなくて、ファッションもそうだし、行動だったり、LINEだったり、すべてです。

遅い時間に彼が家に遊びにきても、ちゃんとご飯をつくったり、LINEでは男性が好きそうな言葉を並べたり、とにかくそこに心はなく、頭でっかちな恋愛をしていました。

それで、彼が「おいしい」と言って食べてくれると嬉しいし、LINEも私が投げかけた言葉に反応のいい返事がくると嬉しくて、やめられなかったんですね。

頭の中が、四六時中「彼に好かれるため」思考になっていたし、もう、無意識に「彼に好かれるため」を考えるようになっていたし、それしかなかった。

しかし、彼に好かれるために、というのは、根底にあるのは「私は彼に好かれていない」という不安や恐れであり、不安や恐れからする行動は、結局、不安や恐れを導く結果になります。

そしてまた、彼に好かれるためにという思考で動いている私のセルフイメージは、「こうしないと彼に好かれない」自分、です。

全くもって、自分を低く見積もりすぎていますよね。

こんなセルフイメージを持っている女性が愛されるはずはないし、自己卑下、自己否定をしていては、恋愛がうまくいくはずがないのです。

自己否定をやめれば彼氏ができるし愛される!
自己否定をやめれば彼氏ができるし愛される!頑張り屋さんな女性ほど、知らない間に自分にダメ出しをして、知らない間に自己否定するのがクセになっていたりします。 「また甘いもの食...

彼からしてみても、私が「俺に好かれたくて」のスタンスで接しているのがわかるので、そりゃ追いかけられなければ、大切になんてされないですよね。

彼にとっての私の価値は、うーんと低いものでした。

また「こうしないと彼に好かれない」ということは、つまり潜在意識には「いま、私は彼にそれほど好かれていない」があります。となれば当然、彼に好かれていない現実を見事に引き寄せてしまっているのですね。

これだけ理由を並べれば、「彼に好かれるため」をやめると愛されてしまう理由も、わかっていただけるのではないでしょうか?

さて、「自分のためにメイクする」。

みなさんは、自分のためにメイクをしていますか?

私はさすがに眉の1mmまでを気にしていないし、気にしたいなぁと番組を見て思いましたが、本当に美しい人は、この、「人にはわからないけど、見えないけど」という部分に手を抜かない人です。

美人オーラがある人とない人の違い
美人オーラがある人とない人の違い一見すると美人っぽいのに、美人オーラがある人と、美人オーラがない人がいます。 美人オーラがあるとなにがいいかというと、男性にとって...

自分はちゃんと自分に手をかけてあげているという自信が、セルフイメージを高め、自己肯定感を高くし、周りから大切にされ、愛されてしまいます。

そして、メイクも含め、ファッション、行動、LINEもしかり、ですが、

彼に好かれるためより、自分のため、自分の好きなようにやるほうが、断然楽しんです!

愛されていない恋愛をしていた頃は、彼に好かれるために頑張るのを、たしかに楽しんでいる部分もありました。

「今度は彼にこう言ってみよう、そしたら喜んでくれるかな?」などと考えるのを楽しんでいました。

だけどそれは、彼に好かれるためのゲームをしている感覚の楽しさです。

恋愛は頑張るより、絶対的に楽しんだほうが、うまくいきます。

私が楽しんでいたのは、恋愛ではなくて、戦略を立てることで、恋愛自体は苦しいものでした。

そして、頭の中は、完全に100%彼軸で、自分軸という概念すらなかったのです。

こんなゲームの楽しさも長くつづくことはなく・・・何をやっても、結局、私がほしかった彼からの「愛」というものはもらえないことに、私の不満が爆発してしまうのですね。

「彼に好かれるため」の思考で恋愛をしているから愛されない、ということに気づくまで、ずいぶんと時間がかかりましたが、

これだけ恋愛で失敗をしてきたからこそ、気づけたのだと思います。

だからやっぱり、私たちは、結局幸せに向かっています。

何が起ころうとも、幸せに必要なものです。

「彼に好かれるため」をやっている方は、それをやめるのは勇気がいるかもしれませんが、「彼に好かれるため」をやって愛されていないのなら、

今が、やめどき、ですよ!

私も利用してます♡OZmallが厳選したエステサロンで綺麗になろう。

イトイハナのお気に入り
イトイハナのお気に入り

美容系や雑貨、ファッションなど、私のお気に入りアイテムをたまに更新していきます。お時間があれば、ぜひのぞいてみてくださいね。

イトイハナのお気に入り