愛される女になる

恋愛は楽しむと上手くいく!楽しむ方法とは?

恋愛は楽しむと上手くいく!楽しむ方法とは?

日本発の、世界に通用するガールズグループをつくるためのプロジェクト「Nizi Project」をご存知でしょうか。ソニーミュージックとJYPエンターテイメント(韓国のアイルグループ「Twice」が所属するプロダクション)によるプロジェクトです。

そして、総指揮を務めるのが、JYPエンターテイメントの創業者であるJ.Y. Parkさん。

ここからはネタバレになっちゃいますので、ご注意くださいませ。

それで、全国各地のオーディションで勝ち上がった26人が東京合宿をし、さらにそこから韓国合宿へ進むメンバーが決まるのですが、

東京合宿では、「歌唱審査」「ダンス審査」「スター性審査」があって、オーディション参加者のマユカさんという女の子が、どの審査でもいい評価をしてもらえなかったんです。26人中、24位とかそのぐらいの評価でした。

それで、最終審査である「グループパフォーマンス」に挑むのですが・・・

さて、結果はどうなったのでしょうか?

なんと、マユカさん、14人の韓国合宿のメンバーに選ばれたのです!

3つの審査でいい評価をもらっている人はたくさんいて、自分はどの審査でもいい評価をもらっていなければ、最後の審査って、ものすごく気合が入ると思うんです。

だって、他のオーディション参加者のだれよりも、これまでの評価を挽回しなくちゃいけないから!!

しかも、デビューしたら、おそらく一躍スターですよ!!

こんなチャンスはめったにないわけです。

しかし、J.Y. Parkさんいわく、

マユカさんは、「絶対にいいパフォーマンスをしなきゃ!絶対にいいところを見せなきゃ!」と頑張るのではなく、そして力むのではなく、すごく楽しんでいた、というのです。

そう、とにかく楽しそうにパフォーマンスをするマユカさんに、J.Y. Parkさんは魅了されたのです。

私も観ていて、マユカさん、すごく人を惹きつける女の子だなぁ〜と思って、目が釘付けになりました。

よく見せよう、より、楽しむ。

物事は何でも、力をいれすぎるとうまくいきません。

反対に、リラックスして楽しんでいるとうまくいきます。

仕事で成功している人は、他人には頑張っているように見えますが、本人は楽しんでいたりします。

ある人にとっては苦痛なことでも、本人は好きで楽しんでやっていたりするものです。

だから、うまくいってしまう。

スポーツの世界でも、本番でリラックスできる人が、力を発揮できると言われていますが、これは恋愛でもそう!

力が入りすぎていると、その人のよさが発揮できないのです。

「絶対に彼にいいところを見せなきゃ!好きになってもらわなきゃ!嫌われないようにしなきゃ!」と頑張っても、うまくいきません。

「べつに嫌われてもいいや!」ぐらいリラックスしていると、むしろ好かれます。

そう、恋愛を楽しむ方法が、これです。

「べつにいいや!」の精神です。

私は男性と仲良くなるのが得意ですが、それは「どう思われてもいい。べつに嫌われてもいいや」と思っているからで、だけど、嫌われてるなんて感じたことはないし、むしろ好かれてる気がします(笑)。

恋愛を楽しめないのは、必要以上に彼に嫌われることを恐れてしまうからです。

彼からの愛がもらえないこと、もらえなくなることを恐れているからです。

「彼に嫌われたらおしまいだ・・・」ぐらいに思ってしまえば、そりゃ楽しめないですよね。

オーディションの話に戻りますが、「ここで落ちたら終わりだ・・・」と思うほど、力が入りますし、楽しめなくなってしまいます。

マユカさんの気持ちは私にはわかりませんが、もしかしたら、あまりいい評価をもらえていないけど、「やることはやった!」と、力が入りすぎずに「最後は楽しもう」と思えたのかもしれません。(本当に、勝手な推測です!!)

たとえば片思いをしていても、「あと少しでうまくいきそう」という時ほど、もし急に相手から返信がこなくなると、「えっ?なんで?ここで終わるなんて絶対に嫌だー!」と、力が入りすぎて、かえって状況を悪化させてしまうことがありますよね。

ここでもやっぱり「べつに返信こなくてもいいや」精神です。

まぁね、「返信来なくていいや」とはなかなか思えないかもしれませんが・・・そう思えると、恋愛が楽しめるようになります。

だって、彼の一挙手一投足に翻弄されないから!

ただ「私はあなたが好き♡」でいられるし、そんな女性は、男性から見ても愛らしいんです。

さて、男性は女性になにを求めているか、というと、安らぎや癒しです。

仕事でも戦い、男友達の間でも絶えず「勝ち負け」を意識する、そんな男性の唯一の癒しとなるのが女性の存在なのです。

それなのに、女性が頑張って、無理をしていては、男性は癒されるどころか、女性に戦いを強いられている気分です。

「私をもっと好きにしてみせる!」という戦いに、勝手に巻き込まれてしまうわけです。

そんな女性と一緒にいたい、とはなかなか思いません。

また、恋愛を頑張っている女性からは、余裕のなさを感じさせます。

男性にとって、女性の「余裕」とは、すなわち「魅力」でもあります。

ガツガツしていない余裕が、男性が愛したくなる魅力につながります。

「べつに、私のことを好きになっても、好きになってくれなくてもいいわよ!」という余裕です。

既婚女性がモテる理由も、コレです、余裕です。

「好きになってもいいわよ!」とは思わないでしょうけれど、「好きになってくれなくてもいいわよ!」とは思うでしょう。

余裕があるから恋愛を楽しめるし、恋愛を楽しんでいるから男性に余裕を感じさせます。

その余裕が、男性を惹きつけます。

恋愛は頑張るのではなく、「べつにいいや」精神で、リラックスして楽しんでくださいね。

私も利用してます♡OZmallが厳選したエステサロンで綺麗になろう。

イトイハナのお気に入り
イトイハナのお気に入り

美容系や雑貨、ファッションなど、私のお気に入りアイテムをたまに更新していきます。お時間があれば、ぜひのぞいてみてくださいね。

イトイハナのお気に入り