愛される女になる

恋愛を自分で壊す癖ありませんか?

恋愛を自分で壊す癖ありませんか?

恋愛下手さんは、恋愛を自分で壊します。

なんで恋愛を自分で壊してしまうのかというと、恋愛下手な女性にはある能力が欠けているんです。

恋愛上手な女性がもっていて、恋愛下手な女性がもっていない能力ってなんだと思いますか?

それは、愛に気づく能力です。

恋愛上手な女性は、男性がしてくれることの中に「愛」を見つける能力があるんです。

人は、同じ出来事でも、それを見ている人によって全くちがう解釈をします。

その解釈の違いで、恋愛がうまくいくか、いかないかも変わってきます。

そして解釈の違いはどうやって生まれるかというと、思い込みなんですね。

恋愛上手な女性は、「私は愛される存在」だと思っています。「愛」を受け取る許可をおろしています。

そうすると、男性がしてくれることの中にたくさんの「愛」を見つけることができます。

・私が好きなプリンを買ってきてくれること
・何が食べたいか聞いてくれること
・車に乗る前に冷房や暖房をつけてくれること
・「コーヒー豆なくなりそう」と言ったら買ってきてくれること
・手をつないでくれること
・話を聞いてくれること

男性がしてくれることの一つ一つに、ちゃんと「愛」を感じます。

しかし恋愛下手な女性は、これだけのことでは満足できなくて、もっと大きな愛情を欲しがります。

なぜなら、「私は愛される存在」だと自分で自分のことを認めていないからです。

そして、これらのことをスルーして、してくれないことばかりに注目してしまいます。

・彼がLINEしてくれない
・彼が荷物をもってくれない
・彼が送ってくれない
・彼がおごってくれない

恋愛下手な女性は、好かれていない証拠さがしが、とっても上手なんですね。

女性が彼氏にたいして不満が膨れ上がるのは、「愛情」を感じられないことが、そもそもの原因であることが多いですよね。

「彼氏が○○してくれない!」って不満に思うのは、「愛情」が感じられないからです。

でも仕方がないです、愛情を感じようとしていないんだもの!

だけど、仕方がないでは済まされなくて、そうやって不満がつのって、恋愛を自分で壊してしまいます。

愛情を感じようとしないから、自分で恋愛を壊してしまうんです。

「私は愛される存在ではない」と思っているから、結局、そういう結果になるように行動してしまうんですね。

本当は彼と仲良くやっていきたいのに、そんな気持ちとは裏腹に潜在意識(無意識)では「私は愛されない」と思っているから、無意識に壊してしまいます。

あなたが「ちょっとコーヒー飲みたいなぁ、この近くにスタバあるかなー」って思ったとき、グーグルマップに「スターバックス」って入力するでしょう?(しない人も、するってことにしておいてください(笑))

そして、グーグルマップが示す方向に歩いて行くでしょう?

それと同じで、恋愛下手さんは、グーグルマップの目的地に「愛されない」と入力して、そこに向かって歩いているようなものなのです。

「愛されない」に向かって歩いているので、男性が言ったなにげない一言も、恋愛上手な女性とそうでない女性とでは、解釈が違います。

たとえば彼があなたに「○○ちゃんも何か趣味を見つけたら?」と言ったとします。

恋愛下手な女性は、この一言をこう解釈します。

「えっ?趣味がない私はつまらないと思われてる?」
「えっ?私と会う時間を減らしたいってこと?」

一方で、恋愛上手な女性の解釈は、私のためを思って言ってくれているんだなと受け取ります。

「趣味があるともっと楽しいよ!」って、私のために言ってくれてるんだなと愛を感じられるんです。

恋愛がうまくいくも、いかないも解釈の違いは大きくて、解釈の違いから自分で恋愛を壊していきます。

男性だって、どれだけ相手のことを好きでも、愛を受け取ってもらえなければ、やがて与えるのをやめます。

そうするとますます、女性のほうは愛を感じられなくなって、不満がたまって爆発します。

自分で恋愛を壊してしまう女性は、ただ「愛」を受け取る許可をおろしていないだけ。

「私は愛される存在」だと自分で認めていないだけ。

グーグルマップの目的地には「愛されない」ではなくて、「愛されている」を入力してくださいね。

私も利用してます♡OZmallが厳選したエステサロンで綺麗になろう。

イトイハナのお気に入り
イトイハナのお気に入り

美容系や雑貨、ファッションなど、私のお気に入りアイテムをたまに更新していきます。お時間があれば、ぜひのぞいてみてくださいね。

イトイハナのお気に入り