思考・マインド

恋愛は違いを認めるとうまくいく

恋愛がうまくいかなくなるのは、相手を変えようとするからです。

いつも頭のなかが、相手を自分の思い通りにすることでいっぱい。

そんな恋愛、ちっとも楽しくないですよね。

人が変わるのは、自分で「変わろう」と思ったとき。だから、相手を変えようとして変わることはほとんどなく、変わらない相手に対してイライラしたりモヤモヤして、恋愛が楽しいものではなく、悩みのタネになります。

大好きなはずの人が、私を苦しめる人になるのです。

相手との違いを認められるようになる、認めるまではいかなくても、受け入れることができると、恋愛はうまくいきます。

認めることと受け入れることの違いは、「受け入れる」とは必ずしも納得する必要はない、ということです。

相手を変えようとすると逃げる

なんとなく彼氏が距離を置いているように感じるとしたら、それは、「彼女が俺を変えようとする」というのを薄々感じているからかもしれません。

男性を追いかけて恋愛がうまくいかなくなるのは、恋愛のあるあるですが、これも、男性の狩猟本能がそがれるだけでなく、

追いかける=俺をコントロールしようとしている

と男性が感じるのもひとつの理由です。

「コントロールされるなんて、ごめんだ!」とばかりに、逃げるのです。

あなたが、「彼氏のこんなところが嫌だ」と思っていて、それを変えようとすると、彼氏はあなたといることが居心地が悪いと感じはじめます。

かと言って、あなたも我慢をしながら一緒にいても、いつか爆発しますよね。

変えようとするのではなくて、自分の思いを言う。

「私はこうしてくれると嬉しい」などと、自分の意見を言う。

それでも彼氏は変わらなくて、だけど、あなたが一緒にいたいのなら、違いを認めるしかありません。

あなたの考え方を変えるのです。

自分が変われば、彼氏も変わってくれる可能性はあります。

私は彼に出会って自分が驚くほど変わりましたが、自分で「変わろう」と思ったから。私が変わったことで、彼もずいぶん変わりました。

人は自分とは違う相手に惹かれるもの

そもそも、人は自分とは違う相手に惹かれるものです。

もちろん、趣味が合うなど、共通点があるから惹かれるという部分もありますが、「よりよい子孫を残す」には、自分と違う相手との子供を産んだほうがいい、と本能的に感じています。

だから、自分とは違う相手に惹かれる。

友達が少ないタイプの女性は、友達が多いタイプの男性に惹かれたり、趣味がない女性は、趣味があって楽しそうな男性に惹かれる。

内向的な女性は、外交的な男性に惹かれたり、真面目な女性は、ちょっとやんちゃな男性に惹かれたりします。

そういう相手を好きになったのに、「飲み会に行くの控えて!」と相手を変えようとするのは、やっぱりどこか違いますよね。

気持ちは本当によくわかるけれど、そういう相手を好きになったのだし、自分とは違う相手を好きになったのです。

飲み会に行くのが嫌なら、飲み会に行かないような男性を選べばいい話ですよね。

ところがそうはいかない。

だったら、

「彼は飲み会が好きなんだな」
「彼は飲み会でストレスを発散しているんだな」

そうやって自分との違いを認めるのです。

連絡頻度や会いたい頻度の違いを認める

よく、連絡したい頻度、会いたい頻度が同じ相手を選ぶべき、と言われたりします。

だけどこれって正直、付き合ってみないとわかりません。

言葉ではいくらだって言えてしまうので「俺は毎日連絡したい派」なんて言っていた男性も、いざ付き合ってみると、だんだん連絡が少なくなることは、よくあります。

付き合う前より、付き合った後のほうが連絡頻度が増える男性もいます。

同じ男性でも、相手の女性によって連絡頻度が変わる場合もあります。

自分はたくさん連絡したくても、相手がそうでないのなら、その違いを認める。

認めるまではいかなくても、受け入れてみる。

「そっか、あなたはそうなのね。」と。

「でも、私は連絡をたくさんしたい派です。」と言う。

相手を変えようとするのではなく、相手には自分の意見が伝われば、それでいいのです。

お互いに違いがあるのは当然のこと。

意見を言うことで相手には伝わり、彼も「たまには連絡しようかな」と連絡をしてくれるかもしれません。

言わないことには、はじまらないのです。

人はありのままの自分でいられる相手と一緒にいたい

人は、ありのままの自分でいられる相手といると居心地がいいし、偽りの自分でいないといけない相手といるのは疲れます。

あなたがもし、相手に年齢をごまかしていたとしたら、とても居心地が悪いですよね。一緒にいても楽しめませんよね。

本当は家ではだらしないのに、ちゃんとしてる女を装っていても、そのうち窮屈になります。

違いを認めるというのは、ありのままの相手を尊重するということ。

自分を尊重してくれる相手だから、相手もあなたを尊重しようと思い、お互いに歩みよるのです。

恋愛は男女の違いを認めるとうまくいく

男性と女性では違う部分があるということ認めると、恋愛は本当にスムーズになります。

・男性は察することが苦手
・男性は気がつかない
・男性は仕事も大切
・男性は趣味も大切
・男性は一点集中型
・男性は心配しない
・男性は連絡を重要視しない
・男性は共感より目的・解決を重視する

みんながみんなではないけれど、これらは女性と違う部分です。

察することが苦手な男性にたいして、いつまでも察してほしがっても、できないものは仕方がありません。

仕事も大切な男性に「私を一番に考えて」と言うより、違いを認めて、「結婚するにしても、仕事は大切だもんね」なんて考えてみる。

相手を変えようとするのは、愛ではありませんよね。

自分にとって都合のいい相手にしようとしているだけです。

そして、思い通りにならない相手だから、執着してしまうのです。

あなたが相手との違いを認めず、「変わってほしい」と願えば願うほど、相手はその無意識を感じとり、距離を取ろうとします。

認めたうえで、自分軸で恋愛をする。

「私はこうしたい」を大切にして恋愛をする。

他人軸で恋愛をしている女性を、男性は大切にすることはできないから。

そもそも!自分のことに夢中になっていたら、相手の違いはそれほど気になりません!それより自分のことに忙しいから♡

\婚活・再婚活マッチングアプリ♡/

マリッシュ(marrish)
を見てみる
ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール