デートがうまくいく方法

「また会いたい」につながるデートの5つの秘訣

「また会いたい」につながるデートの5つの秘訣

次があるデートとないデート。

私ももちろん両方を経験していますし、これまでの数々の成功と失敗をふまえた上で、「また会いたい」につながるデートにする秘訣を5つにまとめました。

デートするってことは、お互いに興味があるってこと。

興味がなければ女性とふたりっきりで会うことはない、という男性は多いもの。

だから自信をもって!

前提として「私なんかで大丈夫かなぁ・・・」という不安な心でのぞまないこと。

あなたにはあなただけの魅力があるから、きっと大丈夫♡

それでは、「また会いたい」につながるデートの5つの秘訣をご紹介していきますね。

【1】リラックスして自然体

デートのお相手が大好き!
どうしてもこの恋をゲットしたい!

と意気込んでしまうほど、
その人のよさが発揮されないものです。

もちろん「大好き!」というのはとっても素敵なこと。だけど「どうしても、どうしても付き合いたい!」という気持ちが大きくなってしまうと、デートの目的が変わっていってしまいます。

デートの目的は、楽しく過ごすことなんです。

ここを忘れないこと。

私がこれまで、デートの後に男性の方から次の提案があったデートでは、ものすんごくリラックスしていました。

めちゃくちゃ自然体でした。

というのも・・・

だいだいデートの後に男性の方から次の提案があるときって、私のほうがまだ好きかどうか見極めている状態のことが多いんです。

つまり、「デートのお相手が大好き!」という状態ではなかった、ということ。

そうゆうときって、本当にデートがうまくいくんですよね、次につながるんですよね。

それはやっぱり、自然体だったから。
自分をよく見せよう、なんて思っていなかったから。

男性が惹かれるのは、その人らしさです。

相手が大好きすぎるとこれが難しかったりするんだけど・・・でもリラックスして自然体でいられたら「また会いたい」につながる確率は高いです。

そして、けっしてガツガツしないこと!
男性にとってガツガツしてる女性、余裕のない女性は怖いです。

【2】彼に興味をもつ、はなしを聞く

「私のことどう思っているんだろう」
「かわいいって思ってもらいたい」
「私を好きになってもらいたい」

大好きな人とデートをしていると、ついつい彼そのものではなくて、彼にどう思われているか、どう思われたいかばかりが気になってしまいます。

そして、私アピールをしてしまいます。

「私はこんなに可愛いところがあるんだよ」
「私はこんな天然のところがあるんだよ」
「私はこんなことができるんだよ」

って。

そうじゃない!!

男性は自分に興味をもってくれる女性に、興味をもつ生き物。

そして、話を聞いてくれる女性に好感をいだきます。

はなしを聞ける女性になるには、前提として相手に興味がないと聞けないんですね。

はなしを聞くって、ただ聞いているだけではなくて、相手に質問することも必要になってきます。で、質問するって、相手に興味がないとできないことなんです。

だから、相手にどう思われているか、どう思われたいかは置いといて、彼自身に興味をもつことが大切になってきます。

デートって、話を聞いてもらった側が「あー楽しかった!」って思います。

楽しいなぁって思えば、「また会いたい」につながります。

話を聞いてくれる女性に好意を抱きやすい

【3】笑顔で楽しむ

男性は自信がなくて、失敗がこわい。

「彼女を楽しませることができるだろうか?」
「彼女は楽しんでくれているだろうか?」

とデート中は終始気にしているものです。

だから、相手の女性が楽しそうだと、それだけで男性は安心できますし、楽しそうでなければ、自分の力不足を感じて、次のデートに誘うのが怖くなってしまいます。

そして、男性が惹かれるのはなんといっても笑顔です!

笑顔の女性は最強です。

笑顔のない美人さんより、
笑顔のあるふつうの子です。

わたしのデート成功経験では、【1】のリラックスして自然体と、この「笑顔で楽しむ」ができれば、ほぼほぼ「また会いたい」につながってます。

【4】なんでもいいと言わない

たとえばデート中に食べたいものを聞かれたときに「なんでもいい」って言ってしまっていませんか?

「彼が食べたいものを食べてほしい」
「私が食べたいものが、彼が食べたいものじゃなかったら嫌だ」

って思うかもしれませんが、

男性は女性を喜ばせたい生き物です。

だから、できるだけ女性の食べたいものを食べてほしいんです。

【3】でも書きましたが、男性は失敗が怖い。女性には想像がつかないぐらいにその思いがつよくて、「自分の選んだ店がおいしくなかったらどうしよう・・・」なんて思っているんです。

女性としては、それならそれでいいじゃん!それも思い出!って思っちゃいますけど、男性はとにかく失敗したくない。

だから、相手の女性が食べたくないものを食べてほしくないし、自分が食べたくて選んだお店がハズレだったらと不安なんですね。

まぁ、いま食べ物限定で書きましたけど、

「なんでもいい」より自分の意見が言える女性のほうが、男性にとっても好感がもてるのは間違いありません。

相手の男性に遠慮して「なんでもいい」と答えてしまうのなら、そこに遠慮はまーーったくいりません。

本当に「なんでもいい」と思ってる場合もあるけれど、それでも食べたいもの、行きたいところは言えるほうがいいです。

一緒にデートを楽しもうとしている姿勢も伝わるし、楽しんでくれてるんだなぁっていうのも伝わりますから。

【5】振り返ってバイバイ

最後になんだかテクニックっぽいことを書きますけど、これけっこう大事!

男性は振り返ってバイバイにキュンっとくるのです。

デートのシチュエーションによっても変わってきますが、

たとえば駅の改札で彼が見送ってくれている場合、改札の前でバイバイ、そして改札をぬけてよきところで振り返ってバイバイ。

よきところというのは、彼にとってあなたの姿が見えなくなる前などです。

で、この逆パターンの場合は、ちゃんと彼の姿が見えなくなるまで、改札の前で待っていること。

待っていれば、男性も振り返ってくれることもありますしね、そうしたら笑顔でバイバイと手を振りましょう。

(男性が振り返ったときに、お相手の女性がもういなかったら、彼のショックは大きい・・・)

振り返ってバイバイも、
自分の姿が見えなくなるまでいてくれるのも、

男性にとって嬉しいんですね。

振り返ってバイバイは仕草が女性らしくてキュンとくるそうなのですが(男友達談)、どちらとも名残惜しい感じが伝わるのが、男性にとってはキュンポイントです。

「終わりよければすべてよし!」というぐらい、デートの最後は大切ですからね。

最後は振り返って笑顔でバイバイ!

で、「また会いたい」につなげましょう。

Twitterしてます。フォローや「いいね」本当にありがとうございます♡

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール
関連記事