愛される女になる

彼氏に不安をぶつけるより「幸せ」なあなたを見せる

彼氏に不安をぶつけるより「幸せ」なあなたを見せる

恋愛において「不安」というキーワードを出すのは、圧倒的に男性より女性が多いです。

そもそも、女性は、幸せホルモンである「セロトニン」の分泌量が男性の半分ほどしかなく、男性より不安になりやすいのは、ある意味仕方のないことです。

加えて、男性は「浮気をしやすい」という定説や、女性は恋愛だけになりやすいため、不安にならない女性のほうが少ないかもしれません。

しかし、不安を感じるたびに彼氏に不安をぶつければいい、ってものでもなく、不安をぶつけた瞬間はスッキリしても、すぐに後悔の波が押し寄せてきます。

「私の、この不安な気持ちをわかって!」と、気持ちをわかってもらおうとする女性は、残念ながら恋愛ベタさんなのですね。

もしかしたら、不安にさせるような彼氏が悪いのかもしれません。

しかし、あなた自身に原因があることも少なくありません。

彼氏がなんにもしていないのに、自分への自信のなさから、勝手に不安になるのなら、自分の考え方を変えるのが、まず先でしょう。

自分に自信がもてない女性は、相手が誰であれ、結局、不安をつくり出してしまいます。

そして、不安を見るクセがついてしまうと、どんどん不安は増殖していくばかりです。

彼氏に不安をぶつけてしまうのは、

「もっと私を大切にして!」
「もっと私を愛して!」
「もっと私だけを見て!」

などという気持ちからかもしれませんが、もし、そうだとしたら、不安をぶつけてしまうのは、本末転倒です。

男性は、愛する女性を、ただ幸せにしたい生き物です。

だから、彼氏は、あなたを幸せにしたいと思っている、はずです。

それなのに、不安をぶつけられてしまえば、「俺には彼女を幸せにできないんだ」と、あなたを愛することに自信をなくし、

あなたの「愛されたい!」という思いとは裏腹に、彼氏は、不安がっているあなたを見ることで、愛することをやめたくなってしまいます。

男性が見たいのは、幸せそうなあなたであって、不安なあなたを見たい、なんてこれっぽっちも思っていません。

幸せそうな彼女を、男性は愛したくなります。

「もっと私を大切にして!」
「もっと私を愛して!」
「もっと私だけを見て!」

というのなら、理想としては、彼氏に不安をぶつけるのではなく、反対に、「私は幸せよ♡」とうい姿を見せることになります。

だから、もし彼氏に不安をぶつけたくなってしまったら、一呼吸置いて、冷静になってみて欲しいのです。

「私は彼氏に不安な気持ちをわかってもらって、どうしてほしいのだろう?」

って。

「不安だから、もっと連絡してほしい」
「不安だから、もっと会う時間をつくってほしい」

というのであれば、不安な気持ちをただぶつけるのではなく、その通りに、「連絡がほしい」「もっと会う時間をつくってほしい」と、一度ぐらいは言ってみてもいいかもしれません。

連絡が少ないこと、会う時間を作らないことで、あなたが不安に思っていることを知り、「彼女を不安にさせたくない!」と、連絡をしてくれるようになったり、会う時間を作ってくれるようになるかもしれません。

しかし、あくまで男性は、彼女を「不安にさせたくない」のではなく、彼女を「幸せにしたい」のです。

そして、彼女を幸せにしている、という実感がほしいのです。

彼女を不安にさせないための「連絡」「会う時間をつくる」ことは、彼氏にとって義務となってしまい、「義務でやらされている」と感じてしまったら、そのうちやりたくなくなってしまいます。

本来なら、彼氏が自らの「連絡したい」「会いたい」という気持ちから、行動してくれるのが、あなたにとっても理想なのではないでしょうか?

恋愛では、相手に求めるものが多くなればなるほど、うまくいかなくなってしまいます。

相手を自分の思い通りにしたい!と思うほど、うまくいかなくなってしまいます。

恋愛がうまくいく秘訣、大好きな人に愛される秘訣は、彼氏に満たしてもらおうとするのではなく、自分で自分を満たすこと。

自分で自分を満たし、幸せそうに過ごしている女性を、男性は愛したくなるのです。

彼氏に不満をぶつける前に、いま一度冷静になって、自分で自分を幸せにすることを考えてみましょう。

幸せそうにしているあなたを、彼氏は手放したいなんて思わないはずですから。

私も利用してます♡OZmallが厳選したエステサロンで綺麗になろう。

イトイハナのお気に入り
イトイハナのお気に入り

美容系や雑貨、ファッションなど、私のお気に入りアイテムをたまに更新していきます。お時間があれば、ぜひのぞいてみてくださいね。

イトイハナのお気に入り