愛されオンナ磨き

彼の態度はあなたが決めている

彼の態度はあなたが決めている

「彼が大切にしてくれない、彼がわたしを優先してくれない。」それがもし、あなたが自らそうさせているとしたら?男女の間のみならず、人と人との間において、自分をどのように扱ってほしいかを決めているのは、自分自身です。自分の態度が、相手にどう扱ってほしいかを決めさせています。たとえば芸能人と知り合って、あなたがずっと下手にでていたら、友達にはならないでしょう。だけど、芸能人だからと不必要に媚びることなく、友達のように振舞っていれば、友達になる確率はあがるでしょう。

男女の関係だけでなく、
人と人との関係において、

相手の自分に対する態度というのは、自分が決めています。

たとえば、あなたが、なにかモノを売ろうとしているとき。
(そんな場面が本当にあるかは、置いといて)

「この人はどうせ、買わないだろうな」
と思いながら接客すれば、

あなたは、相手が「買わない」という選択をするような接客をしてしまっています。

反対に、

「この人は、この商品を買いたがっているんだな」
と思いながら接客すれば、

相手が、その商品を買う確率はあがるでしょう。

もうひとつ、簡単なたとえ話をあげると、

Aくんと、Bくんがいるとします。

Aくんはつねに自信満々に振る舞い、
Bくんは媚びへつらうように下手にでてきています。

あなたが、尊敬し、信頼するのは、おそらくAくんではないでしょうか。

モテる人は、モテる人のように振舞っています。

すると、周りからも「あの子、モテるんだよね〜」
なんて扱われます。

スゴイ人は、スゴイ人のように振舞っています。

そして、周りの人は、「あの人はスゴイ人だ」
として扱います。

こうやって、自分がどう扱われるかは、自分でコントロールができるのです。

好きな彼に対して、やたら下手にでてしまう。
気に入られようと、気に入られようとしてしまう。
嫌われたくない!という思いが強すぎる。

彼の自分に対する気持ちに自信がない場合、
このような態度に出てしまいがちです。

だけど、

それでは、彼はあなたをぞんざいに扱いかねません。
大切に扱うことは、ないのではないでしょうか。

彼が大切に扱ってくれない、
わたしを優先してくれない。

というのは、あなたが彼にそうさせている、と言っても過言ではないのです。

それなら、どうしたらいいのか?

その答えは・・・

「彼は、わたしのことが大好きだ」
「彼は、わたしに会いたがっている」

と思うこと。

「彼は、わたしに会いたくないんだろうな」
と思っていては、その通りの彼の態度を引き寄せてしまいます。

だから、

「彼は、わたしのことが大好きだし、わたしに会いたがっている♡」
と思いながら、彼と接すること。

LINEをするときも、もちろんそう。

「彼は、わたしとLINEができて、嬉しいんだろうな♡」
って思いながら、LINEをする。

「わたしからLINEが来たら、迷惑かな」
なんて、勝手に彼の気持ちを想像しないこと。

どちらの気持ちでLINEをするかによって、LINEの内容も変わってくるでしょうし、

彼が迷惑がるようなLINEを自ら送ってしまうことだって、あるのです。

このように、彼にどう扱ってほしいかは、自分が決めています。

「彼に大切にしてほしい!」
という思いとは裏腹に、

「大切に扱わないで!」
というアピールをしている、

なんてことがある、ということ。

「嫌われたくない・・・」と、自信なさげに、下手にでていては、
大切に扱われませんよね。

逆に考えてみても、

あなたのことを好きな男性がいて、

「オレはイケメンじゃないし、稼ぎも少ないんだけど・・・もし嫌でなければ、ちょっとごはんを食べに行きませんか・・・。もちろん忙しいとは思うから、全然断ってくれていいんだけど・・・」

なんて、うじうじと下手にアピールされても、
「ごはんに行こう」とは、きっとなりませんよね?

この彼は、最初から、
「どうせ、誘っても断られるだろう」
と思いながら誘っているのです。

(まぁ、ちょっと極端な例だけど)

しかし、同じ男性でも、

なぜか自信満々に
「今度ごはんでも行こうよ!」
なんてスマートに声をかけられたら、

あなたがごはんに行く確率もあがるのではないでしょうか。
一度ぐらい、お話してみてもいいかな、ぐらいにはなるかもしれません。

だから、

好きな彼とは対等に、自信満々に、接すること。

「わたしに会いたがってないだろうな・・・」
「LINEは迷惑だろうな・・・」

なんて勝手に想像して、自ら、彼の行動を、望んでいないほうへ導かないこと!

「彼は、わたしのことが大好きだ」
「彼は、わたしに会いたがっている」

そう思って接すること!

スポンサードリンク