愛される女になる

男性を追いかけない!女性は美しく咲く花

男性を追いかけない!女性は美しく咲く花

女性はよく「花」に例えられることがあります。

本当にその通りだなぁと思いますが、花って、そこに咲いているだけで美しく、その美しさに、人は心を奪われます。

女性も、その場にいるだけで美しい存在です。

とくに恋愛がうまくいっていないと、自信をなくしがちになりますが、本来、女性であるあなたは、その場にいるだけで美しいんです!

男性にとってみれば、べらぼうに価値のある存在なのです。

男性にとって女性はものすごく魅力的♡男性にとって、女性はとっても価値があるんです! 男性にとって、女性はとっても魅力的なんです! そのことを忘れて恋愛をしてしま...

そして、花って、虫たちに受粉をしてもらうために、それぞれの虫が好む色の花を咲かせたり、虫が好む匂いを放っていると言われています。

つまり、花がみずから虫たちをおびき寄せている、とも言えますが、

女性が花だとすれば、男性は虫!(なんて言ってしまうと、男性の方にはなんだか申し訳ない気分になってしまいますが・・・)

虫は、捕まえようとすれば、逃げようとします。

仮に捕まえられたとしても、隙あらば逃げようとするし、だんだん元気を無くしてしまいます。

(私もむかし、トンボを捕まえようと公園をかけまわっていましたが、捕まえた途端にトンボはバタバタと逃げようとするし、だんだんと元気をなくしていくんですよね)

だけど、虫は、花には自ら寄っていってしまう。

男性(虫)を、追いかけて捕まえようとするのではなく、男性(虫)から近づきたくなるような女性(花)になるんです。

花が、虫をおびき寄せるために、色や匂いを工夫しているように、女性も、男性が近づきたくなるような女性になる!

好きな人ができたら、手に入れるために追いかけるのではなくて、好きな人が近づきたくなるような女性になる、ということです。

いい女、魅力的な女性には、そのうちちゃんと、男性は来るから!

好きな人や彼氏を追いかけるより、追いかけたくなる女性になるほうが、恋愛はずーっとうまくいくことを、これまでの数々の恋愛で実感しています。

私はこれまで、男性を追いかけて失敗してきたタイプです。

出会いもそれなりに多かったので、すぐ好きになっては追いかけてを繰り返し、うまく行っていたいたハズの恋も、追いかけすぎて壊してきたタイプです。

好きな人を追いかけるのが楽しかったし(最初のうちは)、私は追いかけるのが好きなんだなぁ、と思っていましたが、

実際に彼から追いかけてもらえるようになると、追いかけるより追いかけてもらえる方が、ずーっと好き、だということに気づけました。

しかも、うまくいく♡

男性も、好きな女性を追いかけるのが楽しいんですよ。

だから、その楽しみを奪わないであげましょう。

そして、男性は自らの手で手に入れた女性は、大切にしようとするし、愛します。

よく、「変な虫が寄り付かないように」という言い方もされますが、男性は、愛する女性を手に入れたら、その女性(花)に他の男(変な虫)が寄り付かないように、彼女を一生懸命に守ります。

愛する女性(花)のために、愛情(水)をそそぎます。

そして、女性は男性からの愛情を受け取って、ずーっと活き活きと輝いていくのですね。そんな女性をみて、男性はますます愛情を与えるのです。

男性は女性を愛したいと思っています。

女性から「愛されている」という気持ちより、女性を「愛する」という気持ちがほしいんです。

女性からたくさんの愛情をもらい続けたら、いつしか冷めてしまう。

だから、彼がなんだかそっけない、冷たくなったと感じるのなら、「俺に愛させてくれよー!」という合図です。

このことに気づくまで、私は、彼がそっけなくなればなるほど「これは一大事だ!」とばかりに、ますます彼に過干渉になり、それゆえ彼がますますそっけなくなり、挙げ句の果てには、自爆LINEなどしてしまっていました。

愛情は「クレクレ」と言ってももらません。

男性が、勝手に与えたくなってしまうものだから。

女性は、必死に男性を追いかけなくていいし、そうじゃなくて、好きなことをやってキラキラと輝いて過ごしていたら、それでいい!

そんな女性には男性は優しさや愛情を与えたくなるし、それをちゃんと受け取ってあげるのが女性の役目なんです。

私も利用してます♡OZmallが厳選したエステサロンで綺麗になろう。

イトイハナのお気に入り
イトイハナのお気に入り

美容系や雑貨、ファッションなど、私のお気に入りアイテムをたまに更新していきます。お時間があれば、ぜひのぞいてみてくださいね。

イトイハナのお気に入り