愛されオンナ磨き

その自己卑下をやめて恋愛がうまくいく

その自己卑下をやめて恋愛がうまくいく

「好きになってもらいたくてやっていること」はありますか?もしあるなら、やらないこと!なぜなら、この思考でなにかをやるということは、「これをしなければ、好きになってもらえない」という、自己卑下の意識があるからです。つまり「いま、彼はわたしを好きではない」と無意識に思い込んでいるのですね。

自分でも知らないうちに、
自己卑下をしている場合があります。

恋愛がうまくいっていない女性に多いのが、

「頼っているけど、好きになってもらえない」
「褒めてるけど、好きになってもらえない」
「話を聞いているけど、好きになってもらえない」
「愛されてるって思い込んでるけど、愛されない」
「自分を大切にしているけど、大切にしてくれない」

という思考です。

心当たりありますか?

男性は頼られるのが好きだと聞くから、好きになってもらいたくて頼る。

男性は褒められるのが好きだと聞くから、好きになってもらいたくて褒める。

男性は話を聞いてくれる女性が好きだと聞くから、好きになってもらいたくて話を聞く。

愛されてるって思い込めば愛されるから、がんばって愛されてると思い込む。

自分を大切にすれば、大切にしてくれると言われているから、自分を大切にしている。

この思考こそが、恋愛がうまくいかない原因です。

なぜなら、

「こうしなければ、好きになってもらえない」
「こうしなければ、愛されない」
「こうしなければ、大切にされない」

という自己卑下の意識があるから。

つまり、

「いま、彼はわたしを好きではない」
「いま、わたしは彼に愛されてない」
「いま、わたしは彼に大切にされてない」

という思い込みが無意識にあるんです。

そして、

この思い込みどおりに、あなたは無意識に選択をし、行動をし、思い込みどおりの状況になっているんですね。

じつは、男性に尽くしてしまう女性も、自己卑下の意識があるんです。

「尽くしたら、好きになってもらえる」
「嫌われたくなくて、尽くす」

という思考が働いているんですね。

で、恋愛がうまくいく女性はというと、

彼が頼りがいのある男性だと信頼しているから、頼ります。

彼にはいいところがたくさんあるから、褒めます。

「好きになってもらいたいから」
じゃなくて、

彼を尊敬しているし、信頼しているんですね。

頼ったら喜んでくれる♡
褒めたら喜んでくれる♡

と、彼に喜んでもらいたいんですね。

そして、

「彼に愛されている」
と、当たり前のように思い込んでいます。

「彼に愛されている」と思い込もう、思い込もうと必死になっているうちは、本当に思い込めていません。

「彼に愛されている」って思わなきゃ!と思っているうちは、思い込めていないんです。

必死に思い込もうと頑張っている時点で、反対に、「愛されていない」という思い込みを強固なものにしてしまいます。

たとえば、

お風呂上がりに「お水が飲みたいな」と思ったとします。

当然、すぐに飲めますよね?

蛇口からお水がでますよね?

「お水がある、お水がある」
と必死に思い込みませんよね?

こうゆうことなんです。

「お水が飲みたいな」も「愛されたいな」もおんなじ。

「お水がある」
と無意識に思い込んでます。

だから、お水が飲めます。

「愛されている」
と無意識に思い込んでます。

だから、愛されています。

必死に思い込まなくていいんですね。

そして、

本当に「彼に愛されている」と思っていたら、ただのいい子ではいられないはずですから。

へたすると嫌われてしまうようなことも、
できてしまうんですね。

ワガママだって平気で言えちゃうんです。

だって、愛されている自信があるし、
こんなことで彼は私を嫌いにならないと信頼しているから。

つまり、自分らしさを思いっきり出せてしまうということ。

どうしても「愛されている」と無意識で思い込めない、
必死で思い込もうとしてしまうという場合は、

「どうせ愛されてるんだから!!」
という開き直りでいきましょう。

軽〜く!
思い込みましょう。

また、

「こうしなければ、好きになってもらえない」
「こうしなければ、愛されない」
「こうしなければ、大切にされない」

の、「○○しなくちゃ」という発想は、不安からくるものです。

不安からの行動は、不安な状況を引き起こしますから、「○○しなくちゃ」で行動するのはよくないんですね。

だったら、どうしたらいいのか?

恋愛を楽しもう、自分の人生を楽しもう!

と思えばいいんです。

引き寄せだってそうです。

頑張ろう、頑張ろうより、楽しもう!
です。

楽しんでやることは、うまくいきますから。

(って、最近こればっかり書いている気がしますけど、本当に楽しんでやることってうまくいくんです。)

スポンサードリンク