引き寄せる女になる

引き寄せの法則で願いが叶う人と叶わない人の違い

引き寄せの法則で願いが叶う人と叶わない人の違い

引き寄せの法則は、厳密には「願いを叶えるための法則」というわけではありませんが、願いを叶えることは可能です。

引き寄せの法則とは、おなじ波動が引き寄せ合うというものであり、引き寄せの法則をつかって願いを叶えたい!と思った場合には、

その、叶ったときの波動と同じ状態の波動に、いま、なればいいということになります。

引き寄せの法則をつかって願いを叶える方法とは
引き寄せの法則をつかって願いを叶える方法とは引き寄せの法則とは、波動の法則とかエネルギーの法則とも言われ、おなじ波動が引き寄せ合うというものです。 波動というのは目には見えま...

それで、たとえば「結婚したい!」という願いを例にとって、これから話を進めていきますが、

ノートや手帳に「結婚しました!」とか「○年○月に結婚しました!」などと書くことで、その未来の願いが叶ったときの感情を、いま感じる、という方法が、よく紹介されています。

もしくは、結婚したあとの生活をイメージング(妄想)したりすることで、理想の未来の感情を、いま感じるという方法もあります。

しかし、世の中には、引き寄せの法則をつかって、小さなことから大きなことまで、願いを叶えつづける人がいる一方で、

「ずーっと、結婚の願いを持ち続けているのに、全然叶わない!」という人もいます。

さて、引き寄せの法則をつかって、願いが叶わない人は、なぜ叶わないのでしょうか?

それは・・・

「引き寄せの法則をつかって、願いを叶えるぞ!」と意識すればするほど、「叶わないかもしれない、無理かもしれない」という抵抗も生まれてしまっているからです。

ノートに「結婚しました」と書くものの、「ほんとに結婚できるのかなぁ、無理かもしれないなぁ」という抵抗が生まれ、そちらを引き寄せてしまっているからです。

「結婚をあきらめたら、結婚できた!」なんて話もよく耳にしますが、

「なにがなんでも結婚したい!」と思っていたときには、同時に「結婚できないかもしれない」という思いも生まれていたのが、

「まぁ、いいや!」と「結婚したい!」を手放すと、「結婚できないかもしれない」という抵抗も生まれなくなるので、結婚できた、とも考えられるのですね。

また、ノートに書いた願いをすっかり忘れていて、後から見返したら「あっ、叶ってた!」なんてこともよくある話です。

だから、「願いがなかなか叶わない!」のは、その願いに執着すればするほど、意識を向ければ向けるほどに「できないかも、無理かも」が生まれているからです。

一方で、願いをスルスルと叶えている人は、この抵抗がないので、叶ってしまうのですね。

だったら、どうしたらいいのかというと、

願いに意識を向けるより、今を楽しむことです。

今の自分の波動をあげていくことです。

今、幸せな気持ちで過ごすことです。

「結婚していない今も、とっても幸せ!」という気持ちで過ごしていれば、いつの間にか結婚が引き寄せられることだってあるでしょう。

私もそうでしたが、引き寄せの法則に出会ったのは、「どうしても願いを叶えたい!」という必死の思いからで、同じように、願いを叶えたいと思って、引き寄せの法則に出会う人は多いと思います。

しかし、実際には「願いなんて叶わないじゃないか!」という人がいるのは、これまでに書いてきたように、

願いに意識を向ければ向けるほど、「叶わないかもしれない」が同時に生まれてしまうからで、そっちが叶ってしまうからなんですね。

当たり前ですが、引き寄せの法則を知らなくても願いを叶えている人は、たくさんいるでしょう?

私も、引き寄せの法則を知らない頃でも、叶った願いはたくさんありますし、あなたもきっとそうだと思います。

みんな、ちゃんとこれまでの人生で、たくさん願いを叶えてきているんです。

この法則は、知っている知っていないに関わらず、誰にでも作用するものです。

「引き寄せの法則」を知っているばかりに、逆に、「いつ願いが叶うのだろう?」とか「このやり方であってるのかなぁ?」「毎日、願いを唱えなきゃ」などと、願いに固執しすぎてしまい、

そうすると、反対側にある「叶わないかも」も強く湧いてきて、なかなか叶わない現実がやってきてしまう、なんてことがあるのですね。

これが、引き寄せの法則の落とし穴、と言われています。

大切なのは、今、です。

今、幸せになることです。

もっとリラックスして、今、自分自身を幸せにしてあげてくださいね。

私も利用してます♡OZmallが厳選したエステサロンで綺麗になろう。

イトイハナのお気に入り
イトイハナのお気に入り

美容系や雑貨、ファッションなど、私のお気に入りアイテムをたまに更新していきます。お時間があれば、ぜひのぞいてみてくださいね。

イトイハナのお気に入り