愛される女になる

次の約束をしない男性がしてくれるようになる方法

次の約束をしない男性がしてくれるようになる方法

男性って、次の約束をしない人が多いですよね。

それは、女性は身近なつながりを大切にする傾向がありますが、男性は「社会」を重要視にするから。

社会というのは仕事関係はもちろん、趣味の仲間や友達との交流も「社会活動」のひとつです。そして、家族や彼女は社会には入りません。

なので、次の約束をしないというのは、いつ大事な予定が入るかわからないからだし、ドタキャンするのは申し訳ないから、ということが考えられます。

「彼女との予定は大切じゃないの?」

なんて考えてしまっては身も蓋もなく、「男性とはそうゆうものなんだ!」と受け入れられれば、次の約束をしないことに対して、それほど気にならなくなります。

とはいっても、それでもやっぱり、次に会う約束が決まっていたら、それまでの間を楽しくウキウキしながら過ごせるし、次に会う約束がないと、「次はいつ会えるのだろう」と悶々とした日々を過ごしてしまう気持ちもわかります。

以前お付き合いをしていた彼氏には、帰り際にいつも「次はいつ会える?」と私が聞いていて、だけど聞くのをやめたら、彼から次の約束をしてくれるようになったことがありました。

しかし、今回ご紹介するのは、また別のお話し。

次の約束が一週間、二週間・・・それ以上となかったのに、デート中に「次はどこどこ行こう」「次はなになにしよう」と提案をしてくれて、デート後2、3日以内には、日程を決めてくれるようになった彼のお話です。

やっぱり自分が変われば、彼も変わる!

彼が次の約束をしてくれるようになった時、私はなにを意識していたのだろう、なにをしていたのだろうと振り返って書いてみています。

【1】会う時間を楽しい時間に

ある時ふと、気づいたことがあります。

それは、彼はいつも私にいろいろ質問してくれるし、私が自分のことばかり話しているなぁ、ということです。

「私のことをたくさん知りたいんだなぁ」なんて嬉しい気持ちもありましたが、次からは彼にもっと話をしてもらおう、と思いました。

それからは意識して私は聞き役に徹し、彼に聞きたいことをたくさん質問したり、自分のことを話しながらも「私はこんなことがあったんだけど、あなたならどうする?」のように、彼にたくさんお話ししてもらうことを徹底していたんです。

私が自分の話をあまりしなくなって、今までどれだけ、彼が私の話を聞いてくれていたのかを実感しましたが、私はもともと人の話を聞くのは得意でした。

先日の記事のなかで「末っ子が羨ましい!」と書いたものの、長女の私は、話を聞くことができるという恩恵を受けています。

いつも弟の話を聞いてあげていたので、「ちゃんと話を聞こう!」と意識すれば、ふつうに話を聞くことができるし、話を引き出すこともできます。

末っ子に学ぶ!男性が虜になる甘え上手テク
末っ子に学ぶ!男性が虜になる甘え上手とは女性が男性に優しくされたり、気を遣ってくれるのが嬉しいように、男性は女性に頼られるのが大好き! 女性に甘えられるのが大好きです。 ...

人は、自分の話ができると、その時間は「あー楽しかった!」になります。

そうやって、私が彼の話をたくさん聞いてあげることが続き、するとそのうち、彼から話の途中に「次はどこどこ行こう!」「次はなになにしよう!」と提案してくれるようになりました。

【2】帰り際はあっさりと

帰るときに「寂しい」と言ってちょっぴり駄駄を捏ねることをやめて、割とあっさりと帰るようにしました。

というもの、駄々を捏ねたからといって、それはただ自分の感情を相手にぶつけるだけで、本当に、ただそれだけだったからです。

駄々を捏ねたところで、いいことは起きないからです。

男性はなにも、好きな女性を悲しませたいわけじゃないんです。好きな女性を喜ばせたいし、楽しませたい。

好きな女性の笑顔がみたいんです。

だから、会うたびに「寂しい」と悲しい顔を見せられてしまっては、男性も自信をなくしてしまいます。

「あっさり」と言っても、振り返ってバイバイは忘れません。

男性は、帰り際に、女性が振り返ってバイバイするのが好きなんですよ。

「また、あの笑顔がみたい!」と思いたくなるような、にっこり笑顔で、あっさりとバイバイするようになったのも、彼が次の約束をしてくれるようになったキッカケのひとつだと、私は思います。

どんなに楽しいデートでも、帰り際に彼を困らせてしまっては、せっかくの「楽しい」がなかったことになってしまいますからね。

それぐらい、最後は肝心です。

「またすぐ会いたい!」と彼が思うぐらいに、あっさりと帰る!

【3】期待しない

彼の話を聞くことや、帰り際に駄々を捏ねないことは、なにも「彼に次の約束をしてほしい!」という思いでやったことではありません。

「彼に次の約束をしてほしい!」をはじめ、彼がこうしてくれたらいいのに、などという期待を手放して彼に会うようになりました。

期待をするから、彼が思う通りにしてくれないと、それが不満となり態度にでますし、自分は態度にあらわしていないつもりでも、伝わってしまいます。

彼に会うときは、重たーいエネルギーではなく、軽ろやかなエネルギーで会う。

「彼と会えること、それだけで嬉しい!」という気持ちで会っていたのも、彼にとっては居心地がよかったのだろうと思います。

男性も次の約束をしてくれるようになる!

男性が次の約束をしないのは、彼女のことを好きじゃないからでもないし、彼女に会いたくないから、というわけでも、もちろんありません。

「また会いたいけど、しばらくはいいや」ではなく、ただ素直に「また会いたい!」と思うとき、男性は次の約束をしてくれます。

「彼女と過ごす時間は楽しい!」
「彼女といると居心地がいい!」
「可愛い彼女に会いたい!」
「彼女の笑顔が見たい!」

ただただ「彼女に会いたい!」と思えば、ちゃんと約束してくれるようになります。

仕事や趣味、友達との予定とおなじように、次の約束を予定として決めてくれるようになるんです。

私も利用してます♡OZmallが厳選したエステサロンで綺麗になろう。

イトイハナのお気に入り
イトイハナのお気に入り

美容系や雑貨、ファッションなど、私のお気に入りアイテムをたまに更新していきます。お時間があれば、ぜひのぞいてみてくださいね。

イトイハナのお気に入り