愛されオンナ磨き

男性は守らせてくれる女性が好き

男性は守らせてくれる女性が好き

男性は、守らせてくれる女性が好きです。それなら、守りたくなるような女性になりたい!ですよね?では、守りたくなるような女性って、どんな女性でしょうか?か弱くて華奢な雰囲気?ちょっとドジなところがある女性?健気な頑張り屋さん?どれも正解ではあるのでしょうが・・・実は・・・。

男性って、女性のために何かをしたい生き物です。

喜ばせたい。
楽しませたい。
役に立ちたい。
愛したい。

そして、守りたい。

本能的に、女性を守りたいし、守らせてくれる女性が好きです。

なぜならば、

女性を守る俺は、超かっこいい男だから。

守らせてくれる女性は、男性を超かっこいい男にしてあげられます。

そして、

女性を守ることによって、
「この子には俺が必要だ!」
という、

必要とされたい願望が満たされるから。

それでは、守りたい女性になるにはどうしたらいいのでしょうか?

か弱い雰囲気を醸し出す?
男性を頼る?
けなげに頑張る?

どれもきっと正解なのでしょうけれど、

結論、

好きな女性を守りたい!

これでは、卵が先か鶏が先か、みたいな話になってしまいますが、

というのも、

女性が女性らしくあれば、みんな守りたい対象なんです。

女であることを楽しめばうまくいく!

だけど、

ガツガツと自分を追いかけてくる女性を、
「この子を守りたい!」
とはならないでしょうし、

男性と張り合う女性を、
「この子を守りたい!」
とはならないでしょう。

受け入れる性である女性が、
本来の女性らしくあれば、
男性は、守りたい、って思うのです。

そして、守らせてくれると、どんどん好きになっていくのです。

彼が、
「やってあげるよ!」
「荷物もつよ!」
「迎えにいくよ!」
と言ってくれたなら、

遠慮をせずに
「ありがとう♡」
って受け入れる。

わからないことがあれば
「教えて!」

重たいものを持っていれば
「重たいから持って!」

届かないものがあったら
「あれ、取って!」

”守る”というのは、まるで映画のように、悪い人たちから守る!危険から守る!

とか、そんな究極の守るではなくて、
(いや、実際にそんな場面があれば、もちろん守るのだけれど)

その女性が、笑顔でいられるように、幸せでいられるように、”守る”ということ。

だから、困っていれば助けたいし、願いがあれば、できることなら叶えてあげたい。

そう、好きな女性の力になれる(=守る)ことが、この上ない喜びなのです。

そして、力になれる、守ることを繰り返すうちに、ますます”好き”を募らせてゆくのです。

スポンサードリンク