男性心理

男性の原動力は女性に認められること

男性の原動力は女性に認められること

男性が仕事を頑張るのも、筋トレをしてカッコいい身体になりたいのも、スポーツを頑張るのも、知識を蓄えるのも、なにかで一番になりたいのも、ぜーんぶ女性に認められたいから。

平たく言えば、女性にモテたい!が原動力になっています。

もちろん「女性にモテたいから仕事を頑張る!」「女性にモテたいから筋トレに励む!」とあからさまに意識はしていないつもりでも、根っこの部分には、女性にモテたい、女性に「かっこいい!」と言われたい、女性に「尊敬されたい!」など、女性に認められたいという気持ちがあるのです。

この世から女性がいなくなったら、男性はなにも頑張らなくなる!なんて言われ方もするぐらいです。

だから、頑張るモチベーションになる女性を、男性は好きです。

「彼女にカッコいいって思われたい!」
「彼女に認めてもらいたい!」

そう思わせてくれる女性が好きだし、そうやって認めてくれる女性が好きです。

あなたは、好きな彼の、頑張るモチベーションになっているでしょうか?

もし、彼に冷たくされている、ぞんざいに扱われているなど感じているのなら、本来、女性は男性のモチベーションになるはずであるのに、あなたは彼の頑張るモチベーションになっていない、ということです。

男性が頑張るモチベーションになる女性は、俺がなーんにもしなくても、「好き!」「かっこいい!」と追いかけてくる女性ではありません。

たしかに、大好きな彼が仕事ができなくても、引き締まった身体をしていなくても「好き」は「好き」だと思いますし、男性だって、自分のダメな部分も受け入れてほしい、とは思っています。

だけど、それとこれとは別。

男性はやっぱり頑張りたいのです。

「ダメな俺より、カッコいいお俺」でいたいし、そういう姿を好きな女性には見せたいし、見てもらいたいのですね。

男性はいつまでも子供、なんて言い方もされますが、小さな男の子が、お母さんに褒めてほしくて頑張る!というのにも似ているかもしれません。

「お母さん、見てみて〜!絵のコンクールで賞をもらったよ!」と、小さな男の子が嬉しそうにお母さんに話すように、

「じゃーん!俺がつくったWEBサイト、雑誌で紹介されたんだよね〜。」と、仕事の成果を話したくなる女性。

そんな女性が、男性にとってパートナーにしたい女性です。つまり、頑張るモチベーションとなる女性ですね。

さて、男性が頑張るモチベーションとなる女性は、彼にとって価値のある女性です。

自分より下だと感じる女性ではなく(俺を追いかけてくる女性ではなく)、そして「すごい!」「カッコいい!」と言って、自分を認めてくれる女性です。

「すごい!」と思われたいという自己顕示欲や、社会的報酬を欲するのは女性より男性のほうが強いと言われており、この欲が満たされると快感を覚えます。

だから、自分のことを「すごい!」「カッコいい!」と言って認めてくれる女性といると快感が得られるし、そんな快感をプレゼントしてくれる女性には、会いたくなるんですね。

もし、好きな彼に対して「もっとこうしてよ!」「なんでいつもそうなの?」など、彼を否定する言葉ばかりを投げかけていたら、

とてもじゃないけれど「彼女に認めてもらうために頑張りたい!」というモチベーションをおこさせる女性にはなれていません。

これは男性にかぎった話ではありませんが、人は、自分を否定してくる相手には心を閉ざし、距離を置きたくなってしまうもの。

あなたも、もし何かで成果を出した場合、自分を否定する人ではなく、自分を褒めてくれる人に話したくなりませんか?

「えーっ、すごーい!」って言ってくれる人に話したいですよね。

仕事で成果を出したときに話したくなる女性、趣味のスポーツの試合で輝くところを見てほしい女性。

そんな女性が、男性が頑張る原動力となる女性であり、パートナーにしたい!と思わせる女性なのです。

私も利用してます♡OZmallが厳選したエステサロンで綺麗になろう。

イトイハナのお気に入り
イトイハナのお気に入り

美容系や雑貨、ファッションなど、私のお気に入りアイテムをたまに更新していきます。お時間があれば、ぜひのぞいてみてくださいね。

イトイハナのお気に入り