愛される女になる

あなたが彼氏にほったらかしにされる理由

あなたが彼氏にほったらかしにされる理由

さて、彼氏にほったらかしにされる問題!

そもそものところで、みんな繋がりすぎなのではないかと思うのです。

ひとむかし前に比べて「彼氏にほったらかしにされている」と嘆く女性が増えているように感じるのは、

LINEの登場によって、人と簡単に繋がれるようになったから。

簡単に繋がることに慣れすぎてしまっているからです。

もう携帯メールの時代を忘れつつありますが・・・相手のアドレスを選んで、件名を書いて、内容を書いて送信。でしたよね?

LINEよりだいぶ手間がかかりますよね。

でもLINEは、LINE開いてトークルームにはいればすぐに送れてしまう。

だから、モヤモヤしたことでもムカついたことでも、後先考えずに送ったりなんてできてしまう(送信取り消し機能はあるけれど)。

私はやっぱり彼氏とは繋がりすぎない方がうまくいくと思っているので、ちょっとぐらいほったらかしにされる方が、お互いに心地のいい関係でいられるのではないかと思っています。

あなたも彼氏をほったらかしにするぐらいの方が、うまくいきます。

彼氏があなたをほったらかしにするのは、あなたが彼氏に構うからです。

一方が構えば、一方が構われる方となる役割分担ができてしまいます。

その関係性に慣れてしまっているのですね。

彼氏は「まぁ、何かあれば彼女から連絡してくるだろう」と楽観的に思っているのでしょう。

そして、いまはスマホで面白い動画もたくさん見られるし、スマホがあれば退屈することもなく、あっという間に時間が過ぎていってしまいますよね。

娯楽が簡単に手に入ることも、彼氏があなたをほったらかす原因のひとつでもあるでしょう。

彼氏は鏡

ところであなたは、「相手は鏡」という言葉を聞いたことがありますか?

心理学では「投影」と言われたりしますが、彼氏にほったらかしにされるのも、相手は鏡だから、ということが考えられます。

あなたは彼氏にほったらかしにされていて、どんな感情を抱いていますか?

彼氏にほったらかしにされて悲しいですか?
彼氏にほったらかしにされてムカついていますか?

そう!

あなたは彼氏をとおして、自分の内なる声、自分の潜在意識が発する声に気づかされているんです。

自分が、自分にほったらかしにされて悲しい。
自分が、自分にほったらかしにされてムカついている。

このことを、優秀な潜在意識が教えてくれています。

あなたが自分のことをほったらかしにしているので、その悲しみや怒りを、彼氏を通して知る過程にいるということです。

彼氏にほったらかしにされていると嘆くあなたは、自分をほったらかしにして彼氏のことばかり構っているでしょう?

きっとね、彼氏にほったらかしにされていると感じる前までは、あなたは自分のことにも構ってあげていたと思うんです。

だけど、どんどん彼氏に構うようになって自分をほったらかしにするから、ついに悲しさや怒りがピークにきて、それを潜在意識が彼氏を通して教えてくれているのですね。

あなたが一番大切にしないといけないのは、絶対的にあなたなんです。

あなたが自分を蔑ろにして、たとえば気づかないうちに病気になっていたり、精神的に辛くなって心が弱ってしまうかもしれません。

自分のことを大切にしないと、あなた自身に身の危険が及んだり、あなた自身が壊れてしまうんです。

だから、そうならないように潜在意識は教えてくれているんですね。

潜在意識というのはそもそも、私たちを守るために働くものなんです。

彼氏にほったらかしにされている時は

彼氏にほったらかしにされている問題だけでなく、彼氏にたいして何か不満がある時には、相手を変えようとしても苦しくなるだけです。

「なんで彼氏は私をほったらかしにするの?」
「どうしたら彼氏は私をほったらかしにしないの?」

って、彼氏を変えようとしても、彼氏は変わりません。

そうさせているのは、あなただからです。

だから、彼氏にほったらかしにされるのが嫌なら、自分が変わるんです。

自分をほったらかしにするのをやめることなんです。

自分が自分にしていないことを、人はあなたにしてくれません。

あなたが自分のことをちゃんと構ってあげていなければ、彼氏はあなたを構うことをしないでしょう。

もっと自分のことを気にかけてあげてください。

彼氏にほったらかしにされて尚、そんな彼氏に構うのではなくて、今こそ自分に構ってあげるべき時なんです。

私も利用してます♡OZmallが厳選したエステサロンで綺麗になろう。

イトイハナのお気に入り
イトイハナのお気に入り

美容系や雑貨、ファッションなど、私のお気に入りアイテムをたまに更新していきます。お時間があれば、ぜひのぞいてみてくださいね。

イトイハナのお気に入り