彼氏

彼氏にしてほしいことの伝え方!愛され女子はこう伝える

彼氏にしてほしいことの伝え方!愛され女子はこう伝える

彼氏にしてほしいことがあるのなら、ちゃんと言う。

察してくれるのを待つのではなく、してほしいことを伝えていないのに、してくれなくて不満をためるのではなくて、ちゃんと言う。

してほしいことを言えないのは、

・察してほしい
・ワガママだと思われたくない
・面倒に思われたくない
・やってくれなかったら傷つく

などの理由があるのでしょう。

もしくは、してほしいことを言っても、彼氏がそれをやってくれないから、言うのをあきらめているのかもしれません。

だけど男性は、彼女の願いを叶えてあげたいと思っているし、してほしいことがあるなら言ってほしいと思っているんです。

してほしいことを言っても、彼氏がやってくれないのは、もしかしたら伝え方が間違っているのかもしれません。

彼氏にしてほしいことの基本的な伝え方

彼氏にしてほしいことの伝え方は、とてもシンプルです。

「○○して♡」でOKなんです。

こんな風に言われると、男性は「俺って頼られてる」と嬉しくなるもんなんですよ。

反対に、

「○○してもらってもいい?」
「○○してくれる?」

のように、ちょっぴり遠回しにお願いされると、「No」と言いたくなる場合がある。

この言葉には「疑い」が入っているからです。

「○○して♡」と言うときのポイントは、「♡」にあらわれているように、可愛らしく伝えること。

そして、もし彼氏から「No」の返事が返ってきたり、彼氏の態度があいまいだったときは、「たまには○○してくれたっていいじゃん!」などと責めたり、不機嫌になるのではなく、「No」を受け入れる。

してほしいことが伝わっているので、今は「No」でも、そのうちしてくれる時がくるかもしれないのです。(その可能性は大アリ!)

だって、男性は「彼女のことを喜ばせたい!」ということしか、基本的には考えていないのだから。

彼氏にしてほしいことを言っても、やってくれない!という女性は、たいてい、彼氏の「No」を受け入れないから。

「No」を言う権利をあげると、「OK」の返事ももらいやすくなるものなんです。

私も過去の恋愛では、彼氏に「No」という権利をあげずに不機嫌になり、そのうち「どうせ彼氏は何もしてくれない」とあきらめて…こんな恋愛が楽しいはずはありませんよね。

彼氏だって、ちっとも楽しくなかったでしょう。

だけどシンプルに「○○して♡」と伝えること、そして「No」という権利をあげることで、お互いにハッピーになれるんです。

彼氏にしてほしいことは、伝えないとわからない

むかし、趣味仲間の男性たちと食事をしていた時のことです。

私のもとに運ばれてきたご飯が、大盛りだったんです。

これじゃあ残しちゃうかもな…と思い、男性陣の誰かにおすそ分けしようと思いました。

するとちょうど、男性陣のひとり(Aさん)が、店員さんに「ご飯ってお代わりできますか?」って聞いたんです。

そのお店ではご飯のお代わりはできなかったのだけれど、

そう、私は、Aさんに「私のご飯、少し食べませんか?私、こんなに食べられないので」と伝えて、ご飯をおすそ分けしたんですね。

何が言いたいのかというと、ほしいものは「ほしい」と伝えるから、もらうことができる、ということ。

Aさんは直接私に、「ご飯がほしい」と言ったわけではありませんが、男性陣のなかで一番小柄なAさんに、私は「ご飯を少し食べてもらおう」なんて思ってもいなかったから。

他の男性に食べてもらおうと思っていたから。

彼氏は、あなたが何をしてほしいのかわかりません。

だから、してほしいことはちゃんと伝える。

何をすれば、あなたが喜んで、何をすれば、あなたを喜ばせることができるかを、知りたがっているんです。

もしかしたら、自分から何も言わなくても、彼氏が察してくれて、喜ぶことをしてほしい!という女性もいるかもしれません。

しかし、察してくれることにこだわるのは、そのことで愛情を図っているから。

愛情を図る恋愛をしていると、恋愛をこじらせてしまいます。

愛され上手な女性の「してほしい」ことの伝え方

愛され上手な女性は、彼氏に「してほしい」ことを伝えるのが上手なんです。

「○○して♡」と直接伝えるのはもちろんのこと、直接伝えずに、彼氏にしてほしいことを伝えています。

それは…自分の「好き」をたくさん伝えること。

彼氏への「好き」ではなくて、自分の「好き」なこと、ものを伝えているんです。

テレビでイルミネーションのCMをやっていたら「わぁ〜綺麗!行ってみたいな〜」と、なんとなーくひとり言っぽくつぶやく。(もちろん、彼氏もいる時にですよ!)

実際に連れて行ってくれるかはわかりませんが、彼氏には「そっか、イルミネーションに興味あるんだなぁ」と伝わります。

女性がデートで行きたいところって、じつは男性はそんなに興味がないという場合がけっこうあります。

だから、「彼女がイルミネーションを見に行きたい」ことに気づいていない男性は、一定数います。

そのほかにも、街を歩いていてモンブランが目に入ったら「モンブラン美味しそう!私モンブラン好きなんだよね〜」と言う。

そしたらいつか、彼氏がモンブランを買ってきてくれるかもしれません。

愛され上手な女性は、こうして自分が喜ぶことをさりげなく伝え、彼氏に活躍の場をあげています。

ところがどっこい!

恋愛こじらせ女子は、してくれないことへの不満ばかりを伝えてしまいます。

もちろん、やられて嫌なことを伝えることは大切だけれど、自分が何が好きなのかを伝えることは大切です。

愛され上手な女性は、日常的に、「ない」「嫌」より、「ある」「好き」に意識を向けているから、

スルッと「好き」が出てきたりするんですね。

溺愛されている女性がよく使う言葉
溺愛されている女性がよく使う言葉人と人とがコミュニケーションを取る上で、当たり前ですが会話が重要になってきます。 ネガティブな話が多い人や、愚痴が多い人、うわさ話...

男性は本能的に女性の口元に目がいく…
歯医者のホワイトニング

スターホワイトニング
ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール