思考・マインド

いい男はいない!は嘘

いい男はいない!は嘘

私は恋愛をこじらせてきましたが、出会いに困ったことはありません。

「出会いがない」と悩んだことはなく、恋愛の悩みといえば「好きな人を振り向かせたい」「彼氏に愛されない」というようなものばかりでした。

婚活をしている友人に「いい男いないよね〜」と言われるまで、「いい男がいない」と思っている人がいるなんて思いもしなかった!

「いい男、ふつうにいるじゃん!」って思っていたので、友人のその発想に、心の底から驚いたことを覚えています。

だって、いい男は本当にいるから。

「いい男はいない」と思い込んでいるだけ

私たちは「目」で見ていますが、なにを見るかを判断するのは「脳」のお仕事です。

そして「脳」は、自分が見たいものしか拾いません。

だって、「目」で見えているものを全て処理していたら、脳がパンクしてしまうから。

たとえば本を読んでいても、ぜーんぶその都度、文字を拾い上げていませんよね?

自分にとって重要だなと思う部分だけを「脳」は拾います。

なので当然「いい男はいない」と思っている女性は、世の中から「いい男」を消し去ります。

実際に目の前に「いい男」がいても、素通りしてしまうんです。

なぜなら「脳」が「いい男」を拾わないようにプログラムされているから。

私はむかしから、「いい男はいない」なんて思ったことがなかったので、すぐに「恋」がはじまります。

(それがいいのか、悪いのかは置いておいて…。)

べつに私の理想が低いわけでもなく(実際に、テレビに出てる、いわゆるイケメンとされる人ともお付き合いしました)、

脳に「いい男はいない」というフィルターがかかっていないので、ふつうに出会うわけですね。

世界は、あなたが見たいようにつくられています。

この記事に出会ってくださったあなたは、「いい男がいると信じたい!」と思っているのだと思うんです!!

大丈夫、本当にいるから♡

いい男=付き合える可能性のあるいい男

「いい男がいない」と嘆く女性も、いい男には出会っているんです。

しかし!

相手のレベルが高いので、恋愛対象にはならないんです。

いや、恋愛対象にはなるんだけれど、レベルが違うことを自分でわかっているので、現実的に恋愛対象になる「いい男」にはカウントされないのです。

「いい男がいない」の「いい男」とは、自分が付き合える可能性のある「いい男」だから。

(あなたのレベルが低いのではなく、自分で低いと設定しているだけ!!)

結局のところ、ただ単に「理想が高いだけ」だったりするのですね。

理想が高いと彼氏ができないって本当?
理想が高いと彼氏ができないって本当?私の周りにもずーっと彼氏ができてない女性たちはいて、そんな彼女たちが好きになるのは、他人から見て「理想が高いんじゃない?」と言いたくなっ...

いい男に出会うには?

それでは、いい男に出会うにはどうしたらいいのでしょうか?

1. 思い込みをはずす

まずは、なにを差し置いても「いい男はいない」という思い込みをはずすことが大切ですよね。

実際に私のように、ちゃんと「いい男」にすんなり出会ってきている人もいるんですから!

「いい男がいない」と思い込みながら「いい男」に出会おうとするのは、

「私はアナウンサーになれるわけがない」からと、まったく勉強や訓練をせずにアナウンサー試験をうけて「ほらね、やっぱりなれなかったでしょ?」と言うようなもの。

(余計にわかりづらくなりました…??)

脳って、つねに答えをさがして、見せてくれます。

だから「いい男なんているわけないよね」と思いながら合コンへ行けば、「でしょ?やっぱりいないよね」という答えを見せてくれるんですね。

2. 自己肯定感を高める

そして、自己肯定感を高めることが、とにかく大切です。

自己肯定感が低いまま出会いを求めても、いざ、あなたが理想とするいい男が目の前にあらわれたときに、「どうせ相手にされない」と、恋愛すらはじまりません。

つまり、出会っているのに、その出会いを自分から「なし」にしてしまいます。

恋愛対象となるいい男ではなく、憧れの人にしてしまうんです。

べつに、自分と同じレベルの男性でいい、と思えるならそれでいい。

だけど「いい男がいない」と思っている女性は、きっとそんな風に思えない。

だから自己肯定感を高めなければ、いつまで経っても「いい男がいない」とため息をつく日々がつづくんです。

自己肯定感を高めるとは、自分の価値をちゃんと認めてあげることです。

2. いい男がいる場所へ行く

私はスポーツをしている人が好きなこともあって、スポーツサークルはいくつか掛け持ちして入っていました。

直接、出会いを求めたというわけではありませんが、自分が興味があったのはもちろん、趣味の友達ができたらいいなぁと思ったからです。

そうしたら、やっぱり、自分の理想とする「いい男」にも出会えた。

あなたにとっての「いい男」はどこにいますか?

いい男に出会いたいのなら、自分の理想とするいい男がいそうな場所に行くのが一番ですよね。

「ダンスをやっている男性っていいな〜」と思うなら、ダンスレッスンに通ってみるとか、「芸術系男子がいいな〜」と思うなら、アート系のイベントへ行くとか。

しかし!

あまりに出会いだけを目的にしてしまうと、その場にいる男性を「アリ」か「ナシ」かだけで見てしまい、楽しめなくなってしまいます。

その場では出会えなくても、なにかしらご縁がつながるかもしれないし、それよりも、好きなことを楽しむことが、すんごく大切!

自分が好きなことをやっていたら、ちゃんと出会うようになっています。

自分の本心からの「好き」は、自分を幸せへ導いてくれるものだから。

だから、ニセモノの「好き」じゃなくて、ホンモノの「好き」に従って行動していたら、ちゃんと、あなたにとっての「いい男」にも出会いますよ。

Twitterしてます。フォローや「いいね」本当にありがとうございます♡

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール
関連記事