彼氏

彼氏からの愛情表現がないことが不満なあなたへ

彼氏からの愛情表現がないことが不満なときは

彼氏から愛情表現がないと不安になりますよね。

女性は大好きな彼氏にたいして、LINEでも一緒にいるときでも「好き」「楽しい」などと気持ちを言葉で伝えるのが得意です。

しかし男性は、感情を言葉にすることが、どちらかというと苦手です。

言葉より行動を大切にする傾向があるので、愛情は行動で示そうとします。

男性と女性では愛情表現が違う

さて、あなたが彼氏にのぞむ愛情表現とはどういうものでしょうか?

・毎日連絡をくれること
・「会いたい」と言ってくれること
・「好き」と言ってくれること
・ギューっと抱きしめてくれること
・私を一番に優先してくれること
・頭ぽんぽんってしてくれること

たとえば上記にあげたような感じでしょうか?

たしかにこれらのことを彼氏がしてくれたら「愛されているなぁ」と感じて嬉しくなりますよね。

しかし男性にとっての本当の意味での愛情とは、彼女のために頑張ること、だったりします。

愛情表現をすることが愛情なのではなくて、彼女の幸せのために頑張ることが、彼氏にとっての愛情です。

そんな男性にとっては、仕事を頑張ることも立派な愛情表現のひとつだったりするし、言葉では「好き」と言わなくても、彼女のために何かをしてあげることが愛情表現なんです。

彼氏からの愛情表現がないのではなく、受け取らなかった

彼氏から愛情表現がない!と不満に思う理由は、そもそものところで、愛されている自信がないし、愛される自信がないからです。

つまり、愛されている実感がほしい。

私も過去の恋愛で愛されている自信がないときは、愛情表現をしてくれることで愛情を感じたかったので、彼氏を試すようなことをしたり、

どうにかして「愛されている」ことを実感したくて、あれやこれやと手をつくしたものです…。

そんなことをしたところで、愛情表現をしてくれるようになるわけでなく、ますますめんどくさい女になるだけでしたが…。

彼氏から愛されている、大切にされている自信のある女性は、先ほど挙げたような愛情表現がなくても、ちゃんと彼氏から愛情を感じ取っているので、ほしがりません。

ほしがらないから、ますます彼氏は愛情をあげるんです。

彼氏に愛されている女性は、愛情表現をほしがるのではなくて、受け取りつづけているんですね。

脳は自分のみたいものしか見ません。

ある漫画家の友人は、いつもSNSで日常の面白い出来事を簡単な漫画にして投稿しているのですが、

「よく毎日こんなに面白いことが起こるなー!」と感心してしまいます。

そして、彼女に会うと笑いが絶えないんです。

なぜなら、彼女はいつも「面白いこと」を探す脳になっているので、なんでも面白がるからです。

彼氏から愛情表現がないと悩む女性は、根底に「愛されていない」があります。

だから脳は「愛されていない」しか見えなくなる。

つまり彼氏からの愛情表現を、ずーっと見落としつづけているのです。

彼氏が「好き」って言ってくれた瞬間は愛情を感じても、そのあと「明日早いから、そろそろ帰る」と言われれば、途端に「愛されてない」と感じて、不満をぶつける。

(これは私の実話です、実話というほど大きなエピソードではありませんが(笑))

これじゃあ、彼氏が「好き」って言わなくなるのもわかりますよね。

LINEにしても、その内容や返信速度、絵文字の有無などから「愛されていない」を見つけるのが上手です。

そうやって「愛されていない」を見つけるので、勝手に不安になって、不満をもって、彼氏にたいして可愛くない彼女になってしまいます。

彼氏からの愛情を受け取らずにほしがるので、もらえなくなるんですね。

彼氏に「愛情表現をしてよー!」と不満に思っていることは、彼氏も気づきます。

彼氏からしてみれば「いやいや、受け取らないのはそっちでしょ!」なんて思っていたりするんですね。

あなたが職場でいつも、落ちているゴミを率先して拾っていたとしましょう。

しかし上司から「◯◯さん、Aさんを見習ってたまにはみんなのデスク拭いておいて」なんて言われたらどうですか?

いい気分はしないでしょう?

「もうゴミなんて拾ってやるものかー!」って思うでしょう?

これとお同じです。

彼氏はあなたへ愛情をあげていたのに、それを受け取ってもらえずに愛情をほしがるので、あげるのをやめたのかもしれません。

彼氏を「愛情表現をしない人」だと思ってない?

さて、さきほどの職場の例をもう一度振り返ってみます。

上司にとって、Aさんは気が利く女性としてみていて、あなたは気が利かない女性だとみています。

上司にとってあなたは気が利かない前提なので、ゴミを拾っていることが目には入っていても脳が拾わないのです。

そうやって、上司に「気が利かない人」だと思われているあなたは、ゴミを拾うのをやめて、本当に気が利かない人になっていったりするのですね。

同じように、彼氏を「愛情表現してくれない人」だと思えば、愛情表現をしてくれない人として存在するんです。

そして、そういう風に思われている彼氏は、「俺は愛情表現をしない人」になっていきます。

「ラベリング理論」という言葉をご存知でしょうか?

人は、ラベルを貼られたとおりの人になろうとするもので、彼氏にたいして「いつも優しいね」と言い続けると、彼氏はますます優しくなります。

彼氏を「頼り甲斐のある人」だと思ってみていれば、彼氏はますます頼り甲斐のある男性になっていくし、

彼氏に「愛情表現をしてくれない人」というラベルを貼ってしまえば、彼氏は「愛情表現をしない人」になっていくんですね。

だから彼氏から愛情表現がほしいなら、「愛情表現をしてくれる人」というラベルを貼ってみましょう。

彼氏からの愛情表現をもらえる女になる

恋愛で彼氏に不満があるときは、彼氏を変えよう、変えようとしても変わりません。

変えようとするほど、彼氏は頑なに「変わるまい」とします。

愛情表現のない彼氏にたいして「愛情表現してよー!」と不満に思ったところで、愛情表現をしたくなる彼女ではない可能性が大きいのですね。

それは、これまで書いてきたように、彼氏のしてくれていた事を見落として(なかったことにして)、不満をためて、愛情をほしがるからです。

彼氏に「愛されている」と信じて疑わない女性は、「愛されている」を見つけるのが上手なので、

ちょっとぐらい連絡がなくても「(私のために)仕事頑張ってくれてるんだなー」と解釈します。

しかし「愛されていない」が根底にあれば、「連絡がないなんて、私に冷めたんだ」と解釈するでしょう。

ひとつの出来事があって、それをどう解釈するかで、その先の展開が違うものになります。

脳はフィルターを通して世界をみます。

「愛されていない」フィルターを通してみている世界は、彼氏が愛情表現をしてくれない世界が広がり、

「愛されている」フィルターを通してみている世界は、彼氏からの愛情表現がそこかしこにあります。

まずは、あなたの脳のフィルターを変える!

じつは彼氏からとっても愛されているとしたら?

連絡をほしがらないし、彼氏に必要以上に構うこともしないでしょう。

面白いもので、「クレクレー!」とほしがるのをやめると、もらえるようになるんですよ。

Twitterしてます。フォローや「いいね」本当にありがとうございます♡

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール
関連記事