愛される女

重い女にならないために大切にしたい3つのこと

重い女にならないために大切にしたい3つのこと

「重い女にはなりたくない!」

重い女になりたくない理由は、相手に嫌われたくないのはもちろんのこと、重い女をやっている自分が全然心地よくないからです。

人は根本的に、自由を求めるもの。

自由とは身軽なことであり、重たさとは正反対です。

重たい女とは、相手にとって重たいだけでなく、自分の心のなかにも大きな石がズドンと乗っかっているように、重たくなっています。

だから、とっても苦しいのです。

自分自身の心が、四六時中、相手から離れることができず身動きが取れなくて苦しいのですね。

重い女をやめると、恋愛は軽やかなものとなり、ふたりの間に心地のいい風が吹きます。

なにより、自分自身の心が軽やかになります。

愛されるのは断然、重い女より、蝶のようにヒラヒラと舞う軽やかな女性。

それでは重たい女にならないために大切なことを3つご紹介していきますね。

【1】気持ちをわかってもらおうとしない

重い女が重たくなる理由は、相手に気持ちをわかってもらおうとするからです。

自分の思っていることが相手に伝わらなければ、「そうゆうことが言いたいんじゃなくて!」なんて正確に伝わるまで伝えようとするし、

相手が受け入れてくれなければ「なんで受け入れてくれないの?」と不機嫌になる。

「私はあなたのことがこんなに好きなの!」
「この不安な気持ちをわかって!」
「この辛い気持ちをわかって!」
「私の寂しさをわかって!」
「○○のためを思って言っているのに!」

気持ちをわかってもらおうとする、その気持ちが相手にとっては重い。

気持ちを伝えることと、わかってもらおうとすることは違います。

そして好かれてしまう女性というのは、自分の気持ちをわかってもらおうとするのではなく、相手の気持ちをわかろうとする女性です。

私が重い女をやっていた頃は、自分の気持ちをわかってもらおうとするばかりで、相手の気持ちをわかろうとしたことがありませんでした。

しかし、自分の気持ちをわかってもらおうとするのをやめ、相手をわかってあげようとすると、歩み寄ってくれるようになったんです。

【2】被害者意識をやめる

重い女は「私はかわいそうな女」だと被害者意識をもちながら、相手と向き合っています。

・連絡をくれない彼が悪い
・会ってくれない彼が悪い
・話を聞いてくれない彼が悪い

自分が寂しいのは、寂しくさせる相手が悪いのであって、自分はまったく悪くない!

そうやって相手を加害者にしてしまうから、相手は居心地の悪さを感じて、なおさら距離をとります。

距離を取られると、さらに被害者意識がつのり、ますます重い女になっていくのですね。

重い女にならないためには、被害者意識をやめること!

「彼がこうしてくれない、ああしてくれない」ではなくて、彼がしてくれる部分に目を向けることです。

男性が彼女に何もしない、なんてことはありません。

好きな女性を喜ばせたくて、楽しませたくて、幸せにしたいのが男性だから。

もし「彼が何もしてくれない!」というのならそれは、あなたが受け取ることを拒否してきたから。

してくれている部分を拾わずに、してくれないことばかりに目を向けて「もっとこうして!ああして!」と不満を募らせていったからでしょう。

今からでも遅くありません。

彼がしてくれることを受け取って感謝をする。

恋愛は、自分が変わることで相手も変わっていきます。

あなたが受け取り拒否をして、彼が変わってしまったように、今度はあなたが受け取ることでまた、彼も変わっていきます。

【3】自分で自分を満たすことを覚える

恋愛がうまくいく女性は、なんでうまくいくかと言うと、自分で自分を満たすことができるからです。

自分で自分を満たすことができないと、相手に満たしてもらおうとします。

そうすると当然、相手にとっては重い女になってしまいます。

彼しか自分を満たすことができないので、会っていないときは、彼にLINEをしたくてしょうがないし、

彼しか自分を満たすことができないので、デートの帰りにはとんでもなく寂しい気持ちになる。

彼しか自分を満たすことができないので、彼がいなくなったら耐えられない!

だから、そんな恋愛は不安と隣り合わせで、耐えず心のなかで彼を見張ってしまいます。

こんな恋愛、ちっとも楽しくないでしょう?

恋愛は自分で自分を満たすことが、本当にとってもとっても大切です。

自分で自分を満たせるようになると、恋愛が見違えるように楽しくなるんです。

今日から重い女にならないために

重い女が重い女になってしまう理由は、相手にばかり意識が向いているからです。

重たい女とは、相手に重たいエネルギーがビシビシと伝わっている状態であり、それは相手のことばかり考えているからですね。

自分の心のなかに「自分」がいなくなると、必ずどこかに不調が現れます。

それは、私たちを守ろうとする潜在意識からのメッセージであり、自分の心のなかから「自分」がいなくなると危険だからです。

自分の心のなかに、もっと自分を登場させてあげると、人生も恋愛もうまく周りはじめますよ。

Twitterしてます。フォローや「いいね」本当にありがとうございます♡

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール
関連記事