愛され力を磨く

重い女にならないための3ヶ条!その特徴とは

重い女にならないための3ヶ条!その特徴とは

いきなりですが、「今日から右足に1.5kg、左足に1.5kg、計3kgの重りをつけて生活してください」と言われたらどうしますか?かなりのストレスですよね。(ストレスで済む話でもないですが!)

脚を鍛えているのならともかくとして、寝ている間に重りをつけられ、その重りをつけたまま生活することになってしまったら、「どうにかしてこの重りをはずしたい!」。そう思うでしょう。

好きな男性にとって、この足につけられた重りのようにならないでください。

重い女は、相手の男性の心につけられた重りです。そして、男性は、この、心についた重りをはずそうとして、重い女から離れようとします、距離を取ろうとします。

ただでさえ、いろいろなことを抱えている、現代の男性たち。好きな男性の負担になってしまっては、恋が叶う、恋がうまくいくどころではありませんよね。

さて、男性にとって重い女とはどのような女性なのでしょうか?

重い女にならないために気をつけたいことを書いていきますね。

【1】気持ちを押し付けない、わかってもらおうとしない

重い女の最大の特徴がこれです。自分の気持ちを押し付ける、自分の気持ちをわかってもらおうとすること。

「私はあなたのことがこんなに好きなの!」
「この不安な気持ちをわかって!」
「この辛い気持ちをわかって!」
「○○のためを思って言っているのに!」

こうやって行動や言葉で一方的に自分の気持ちをぶつけるのは、相手の男性の気持ちを全く考えていません。

そして彼が思ったような反応をしてくれなければ、自分の気持ちがちゃんと正確に伝わるまで、後追いLINEを送ってしまったり、電話をかけたりしてしまうのです。

「そうゆうことが言いたいんじゃなくて!」って。

この行動は「重い」以外のなにものでもありませんよね。

一般的に女性は男性より口が達者で、LINEの文章もポンポンと書けてしまうので、我慢できずにすぐに気持ちを言葉にして伝えてしまいがちです。

友達がこのような状態なら「そうゆうの重いって思われるから、やめたほうがいいよ!」と言ってあげられるけど、いざ自分が恋に盲目になっている時には、気づかないもの。

知らず知らずのうちに、重い女になってしまっているのですね。

相手に気持ちをわかってもらおうとしないこと!気持ちをわかってもらおうとすることをやめるだけで、恋は軽やかに楽しくなります。

【2】被害者意識をやめる

重い女は、なぜだかいつも自分が被害者であると思っています。

彼に、自分の欲求や不安な気持ち、寂しい気持ちを満たしてもらおうとし、それが叶わないとなると、「彼がこうしてくれない、あーしてくれない」と不満をいだき、重い女になってしまいます。

「なんと自分勝手な!」と言いたくなってしまいますが、かつての私もそうでした。反省しています。

愛される女性は、感情のコントロールが上手だし、自分で自分を満たすことができます。

自分で自分を満たすことができず、彼に満たしてもらおうとするから、思っているような愛をもらえず、「私のこと好きじゃないんだ・・・」とネガティブになり、ますます重い女になってしまうという悪循環に陥ります。

実際には、被害者でもなんでもありません!

「彼がこうしてくれない、あーしてくれない」をやめて、自分で自分を満たしましょう。

自分で自分を満たすことができる女性は、蝶のようにヒラヒラと軽やかで、楽しそうです。そんな風に自分の人生を楽しんでいる女性に、男性は魅力を感じ、愛したくなります。

【3】長文LINEをやめる

重い女は、とにかくLINEの文章が長いです。【1】で書いたように、ちゃんと自分の気持ちをわかってもらいたくて、「誤解されまい!」と長々と丁寧に説明をいれて気持ちをつづります。

そして嫌われたくなくて「忙しいのにLINEたくさんしてごめんね。」などと、また余計な一文を足してしまいます。

気遣いのできる女性だと思われたくて、気遣いの一文をさらに上乗せしたりしてしまいます。

男性が好きなLINEは、短い文章で「ポンポン」とやりとりができるLINEです。

LINEの文章が長いだけで、重い女の仲間入りを果たしてしまいます。(もちろん、たまに長い分にはいいんですよ。)

LINEというせっかくの便利なツールで、恋を壊してしまわないように!

LINEは自分だけが見る日記とは違います。
必ず、向こう側に相手がいます。

一方的に自分の伝えたいことを、長々と伝えていい、というものではありません。

単純に考えて、ながーいLINEはまず読むのが大変ですし、ながーいLINEをもらったら返信を考えるのも大変です。

LINEが得意な女性からすれば、「返信を考えるのが大変?」「いや、そんなことないでしょ!」と思ってしまうかもしれませんが、男性にとっては大変なんです。

「はぁ、LINEの返信しなきゃ・・・」と負担になってしまうんです。まさに重たい、ですよね。

LINEは短くテンポよく!

これが重い女にならないための鉄則です。

売れてる恋愛・結婚本TOP100
売れてる恋愛・結婚本TOP100

わたしも恋愛本を何冊も何冊も読んで研究しました!どの恋愛本を読もうか迷っている方は、Amazon.co.jpで売れている「恋愛・結婚本」のランキングをチェックしてみましょう。ランキングは1時間ごとに更新されます。

>> 売れ筋ランキングを見る!