LINE・連絡

好きな人へのLINEは丁寧さより素直さが大切

好きな人へのLINEは丁寧に書くより素直に書く

好きな人とLINEができるって、幸せですよね。

幸せだなぁと思えているうちはいいけれど、恋愛での悩みのダントツTOPに躍り出るぐらい、恋愛ではLINEや連絡で悩む女性は多いです。

それは顔が見えないからであり、文字だけの情報だから。

相手の表情、状況がわからず、LINEの解釈は受け取り手次第で、変わってしまいます。

同じ文章でも、受け取る人が違えば捉え方も違う、というわけですね。

好きな人から送られてきたLINEを見て「なにこのそっけないLINE!ショックすぎる」と落ち込む女性もいれば、「忙しい中LINEをしてくれたんだなぁ」と優しさを見つける女性もいるのです。

さて、好きな人とのLINEを楽しむ上で心得ておきたいこと、それが、丁寧に書くより素直に書くことです。

好きな人とのLINEでの悩みをひとつでも減らしたいのなら、素直さがとっても大切なんです。

LINEは丁寧に書こうとしなくていい

相手が好きな人であれば、あるほど、女性は丁寧なLINEを心がけるようになります。

・誤解のないように伝えたい
・自分をわかってもらいたい
・LINEをつづけたい
・好かれたい
・嫌われたくない

これら様々な思いが頭のなかで渦を巻き、丁寧なLINEになりがちです。

たしかに、好きな人から丁寧なLINEが送られてきたら嬉しいですよね?

しかし!

これは相手が好きな人だから嬉しいのであって、もし、あなたが好きな人を追いかけている立場なら、丁寧なLINEはそのうち重たさへと変わります。

丁寧なLINEは長くなりがちであり、長いLINEには気持ちがどっぷりと乗っかっているからです。

そして長いLINEをもらうと、返報性の原理というものが働き、「同じぐらいの長さで返信しなきゃ」とプレッシャーを感じるようになるんですね。

私も「こんなことを書いたらどう思われるだろう?」など悩みに悩んで、丁寧にLINEを送っていました。

ひとつのLINEに、魂を込めるようにして時間をかけて送っていました。

この気持ちが、相手には「重たい」と伝わってしまうんです。

ネットの文字情報って、じつは記憶に残りにくいんです。

同じようにLINEの文字情報も記憶には残りにくくて、手紙の内容のほうが覚えているものだし、それよりも会ったときに直接言われた言葉のほうが覚えています。

だから伝えたいことは、直越会ったときに伝える!

そしてLINEは内容よりも、感情で記憶しています。

「彼女のLINEは楽しい」
「彼女のLINEは暗い」
「彼女のLINEはあたたかい」
「彼女のLINEはめんどくさい」

私はむかし、毎日のように男性から丁寧なLINEが送られてきたことがありましたが、だんだん重たく感じて、ついには返信をやめました。

丁寧なLINEと言っても、たった2、3行なんですよ。

「おはようございます(顔の絵文字)」
「桜が咲いていました(桜の絵文字)」

これに桜の写真も一緒に送られてきたりしたんです。

たった2、3行でも、丁寧なLINEにはやっぱり気持ちがたっぷり詰まっているように感じて、「彼のLINEは重い、めんどくさい」と感じてしまったんです。

これが好きな男性だったらまた、違ったのかもしれませんけどね。

男性は素直で軽やかなLINEが好き

好きな人へ送るLINEは、丁寧に書くよりも素直に書くのが、コツ。

恋愛ベタだったころの私は、好きな人にLINEをする前に「こんなことを書いたらどう思われるだろう?」と考えて、何度もLINEを消しては書いて、修正を繰り返し、結局LINEがしたいからLINEをするんだけれど、

返信が来るまでが気が気じゃなかった。

「重いって思われて距離取られたら嫌だなぁ」なんて考えて、返信がそっけない時には落ち込んだものです。

そうやってLINEを楽しめず、楽しめないからますます相手にとって重たいLINEとなり、温度差を感じていきました。

だけど「私は好かれてる♡」と思考をぐるりと変えてからは、素直にLINEができるようになり、そうしたらLINEが楽しくなりました。

嬉しいことがあれば、「こんなことがあって嬉しくてLINEしちゃった!」なんてLINEをするようになりました。

だって、嬉しいことは好きな人と共有したくなるでしょう?

男性は素直な女性が好きだから、素直でいればいい。

素直になったもん勝ち!素直な女性がモテる理由とは?
素直になったもん勝ち!素直な女性がモテる理由とは?素直な女性はモテるし、素直になれない女性はモテない、というより素直になれないと恋愛をこじらせがち。 好きな男性の前ではなかなか素直...

素直なLINEが送れるって、先にも書いたように「私、好かれてる♡」って思えているから。

好きな人の下手に出ていないからなんです。

「好かれよう、好かれたい」と思ってするLINEと、「好かれてる」と思ってするLINEって、重たさが全然ちがうんです。

好かれてると思って素直にLINEをするようになってから、むかしのようにLINEで悩むことも減りました。

どうしても好かれてると思いながらLINEをできないのだとしても「素直さ」を心がけていれば、お互いに楽しくLINEができるものです。

男性は、素直で軽やかなLINEが好きだから。

素直になるとLINEは軽くなるんです。

余計な文章を付け加えず、重たい気持ちも乗っからないので、男性にとっても心地のいいLINEになります。

「彼女のLINEはめんどくさい」じゃなくて「彼女のLINEは楽しい」と記憶されるようになるんですね。

LINEで素直になれないから恋愛をこじらせる

LINEで素直になれないと、恋愛をどんどんこじらせていきます。

たとえば好きな人とご飯を食べに行きたいとき、

「◯◯くんと一緒にご飯食べに行きたいんだけど、どうかな?でも仕事忙しかったら大丈夫だよ」

なんて送りがちですよね。

本当はご飯を食べに行きたいのなら「でも仕事忙しかったら大丈夫だよ」はいらないんです。

「ご飯食べに行きたい♡」だけでいいぐらい。

「空いてる日教えて?」とも聞かないで、自分の要望だけとりあえず伝えるんです。

もし好きな人から「いま忙しくて…」と返信が来たなら、あっさりと引き下がる!(ここで不機嫌になったり、しつこくしては元も子もない。相手には相手の事情がある)

一緒にご飯を食べに行きたいことは伝わったから、それでOKなんです。

人はいくらでも気が変わりますから、いつご飯に誘ってくれるかはわからないもの!

それを「仕事忙しかったら大丈夫だよ」なんて付け加えると、「ほんとは行きたいの?行きたくないの?どっち?」と捉えられる場合もあります。

そうやって気持ちをごまかすから、恋愛をこじらせていきます。

LINEは素直に書くのが大切なんです。

そして、本当は返信がほしいのなら「返信は大丈夫だよ」も書かない。

相手に気を遣っているつもりかもしれないけれど、返信したくないならしないから大丈夫!

余計な文章が増えるほど、ズシリと重たくなっていくんです。

好きな人へのLINEで素直になれないのは、好かれることを目的にしているから。

「好かれる」という結果を欲しがるから、相手の反応を気にしすぎてしまい素直になれません。

仲良くなるためにLINEを使うことを心がけると、素直になれますよ。

男性は女性の口元に目がいく…
歯医者のホワイトニング

スターホワイトニング
ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール