愛されオンナ磨き

彼女だから会うのは義務、彼が会いたいから会う彼女になろう

彼女だから会うのは義務、彼が会いたいから会う彼女になろう

あなたは彼氏だから彼に会いたいのですか?きっと、違いますよね?好きだから、会いたいから、会うのですよね?おなじように、彼もあなたが好きで、あなたに会いたいから会う。そうあってほしいのに、「彼が会ってくれない!わたし、彼女なのに!」って、彼が彼女であるあなたに会うのが当然って思っていませんか?もし彼がなかなか会ってくれないのだとしたら、彼女だから当たり前という考えに原因があるのかもしれません。

スポンサードリンク

「彼氏がなかなか会ってくれない!彼女なのに!」

恋愛の悩みの”あるある”ですね。

この”彼女なのに”
というのが、けっこう曲者で、

「彼女だから◯◯してくれて当たり前」
という考えこそが、なかなか会ってくれない原因です。

男性は、態度にはあらわさないものの、実はとっても感謝されたい生き物です。

照れやプライドから
「感謝されるほどのことじゃないよ!」
って顔をしていても、

心の中では感謝されて嬉しいし、彼女に感謝されたくて、あれやこれやとやってくれるのです。

なのに、
「彼女だから◯◯してくれて当たり前」
という考えを、無意識にしろ、もっていると、

彼がしてくれたことへ、感謝することが少なくなります。

感謝することが少なくなるどころか、
責めたり、不満を口にしたりするようになります。

とくに男性は、責められることが嫌いです。

女性は責めているつもりがなくても、
「なんで会ってくれないの?」
の一言は、男性にとっては責められていると感じ、

ますます会いたくなくなります。

忙しいなか時間をつくって会っているのに、
「もう帰るの?」
なんて口にする彼女より、

「忙しいなか時間つくってありがとう♡」
って言ってくれる彼女のほうが、
彼も会いたくなりますよね?

男性は、感謝されると「またやってあげよう」って思うもの。

しかし反対に、

やらされている感、義務感を感じると、
彼女のことが本当に好きなのかわからなくなります。

会うこと以外にも、
LINEが義務になっているケースもあるでしょう。

彼女のほうから
「毎日LINEしてほしい」
「ちゃんと返信してほしい」
と言われれば、

最初はいいかもしれないけれど、
そのうち、彼女の態度によっては、
だんだんと義務感を感じるようになるでしょう。

彼が、やりたくてやる、会いたくて会う。

これが、とーっても大事なのです。

自分が彼女にやりたくてやっていることで、
どんどん愛情を募らせてゆくから。

女性だって、

彼が義務感で会ってくれるより、
彼女だから会ってくれるより、
会いたくて会ってくれるほうが嬉しいですよね?

だから、

「彼氏がなかなか会ってくれない!彼女なのに!」

と、彼を悪者にするのではなく、

彼が会いたくて会う彼女になればいい。

どんな彼女だったら、あなたの彼は会いたいと思うでしょうか?

感謝してくれる彼女
会ってない時も楽しそうな彼女
話を聞いてくれる彼女
笑顔でニコニコしている彼女

そうやって、
「どんな彼女だったら彼が会いたくなるかなぁ♡」

って考えていくと、

けっして、

「なんで会ってくれないの?」
「もう帰るの?」
って責める彼女ではないですよね?

以前も書きましたが、

恋愛では、『北風と太陽』の太陽になることをおすすめします。

恋愛では北風と太陽の太陽になろう!

北風のように力づくでは、
相手の心は決して動きません。

↓↓恋愛ブログの人気ランキング♡↓↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ

スポンサードリンク