愛される女

今日から彼氏に尽くされる女性になろう

今日から彼に尽くされる女性になろう

私のまわりには、彼氏や旦那さんにものすんごく尽くされている女性たちがいます。

しかも、ほとんどのカップルが男性のほうが年下!

私が追いかける恋愛、尽くす恋愛をしている真っ只中にいたときは、そんな彼女たちの話を聞いていても、特別羨ましいとは思わなかったんです。

なぜなら、私は「尽くす」のが好きだと思っていたから。

そして、私が尽くしていれば、いつか彼女たちのように尽くされる日がやってくるのだろう、と余裕しゃくしゃくに思っていた(笑)。

しかし現実には、尽くしても尽くしても大切にされているようには感じられず、「どうやったら大切にされるんだろう」と思っていたとき、私ははじめて知ったのです。

男性は、尽くされるより尽くしたい、ということを…。

男性は尽くされるより、尽くしたい

恋愛って誰も教えてくれませんよね?

だから私は、なんとなーくのイメージで、女性が男性に尽くすものだとばかり思っていました。

それが恋愛の当たり前のカタチだとさえ思っていたし、彼氏に大切にされないのは、「私が尽くし足りないからだ」とさえ思っていたのです。

だけど、違った。

私が尽くして、尽くして、尽くしまくるから、恋愛がうまくいかなかった。

尽くすということの根底にはさまざまな思いがあって、根っこをたどると「私は尽くさないと好かれない」という思いなんだけれど、

もちろん当時は、自分がそんな無意識を持っていることには気付かず、ただ「尽くせば好かれる」「尽くせば、こんないい女はいないと思ってくれる」だろうと思っていました。

男性は、尽くされるより尽くしたい。

男性は与えたいし、与えたものを受け取ってくれる女性が好きで、そうやって受け取ってくれる女性に愛情を感じてゆくもの。

女性が尽くしてしまえば、男性が尽くす出番がないのです。

私は、男性が私ために何かをしたい、尽くしたいという気持ちも、役割も、すっかり奪ってしまっていたのですね。

尽くされる女になろう

さて、私のまわりの尽くされ女子たちのエピソードを聞いていると、本当に微笑ましいです。

彼女たちの彼氏や旦那さんたちは、役に立ちたくてしょうがなくて、カッコいいところを見せたくて、男らしいところを見せたいんだなぁ、とつづくつ思います。

やっぱり男性って、可愛い(笑)。

ある女友達(Aちゃん)と旦那さんの関係をみていてとても印象的だったのが、彼女が旦那さんに自分の荷物をふつうに渡すんです。

「はい」みたいな感じで。

「持って♡」と言うわけでもなく、旦那さんが持つのが当たり前かのように!

そして、旦那さんがめちゃくちゃ嬉しそうなんです。

(今となってはわかりますが、男性にとってこれは「俺って頼られてる」感がするんですよね。)

話をきくと、とにかくなんでもやってくれるみたいで、彼女が「◯◯に行ってくる」って言うと、行き方を率先して調べてくれたりもするんだそう。

で、そんな尽くされている女性たちと一緒にいる中で気づいた、尽くされる女性の特徴が以下です。

尽くされる女性の4つの特徴

【1】尽くされる女性は笑顔

尽くされる女性は、笑顔が多いんです。

その、尽くされている女性たちのことを思い出すとき、みんな笑顔なんです。

「◯◯さんのこと思い出してみて」と言われて、彼女のことを思い出すと、やっぱり笑顔なんです。

男性は、愛する女性の笑顔がみたくて頑張っているし、そのために頑張るのが好き。

彼女の笑顔をもっとたくさん見たくて、ずーっと見ていたくて、彼女に尽くしてしまうんですね。

【2】尽くされる女性は遠慮せずにお願いできる

尽くされる女性は、遠慮しないでお願いできてしまいます。

反対に、男性に尽くしてしまう女性は、ついつい遠慮してしまうし、「私のためにお金を使わせるなんて!」とさえ思ってしまう。

男性にお願いすることは、「彼を頼っている」ということなんです。

お願いごとをするときに、遠慮がちにお願いしてしまう女性も多いと思いますが、遠慮しないで、当たり前のようにお願いするのがポイントです。

あまりに遠慮がちだと、男性は信頼されてないように感じてしまうから。

そのへんは、尽くされている女性は本当にお見事です(笑)。

ひとつ間違えると傲慢になってしまうので、可愛らしく甘える感じで、遠慮せずにお願いすると、男性も「頼ってくれるのが嬉しい♡」ってなっちゃいますよ。

【3】尽くされる女性は喜ぶのが上手

尽くされる女性は、本当に喜ぶのが上手です。

先ほど書いたAちゃんに、はじめてお土産を渡したときがあるんです。

そしたらもう、ものすごい笑顔で「えー、なにこれ!おいしそう!わぁーい、ありがとう!」って、それがまた全然演技じゃないんです。

まったくわざとらしくない。

「こんなに喜んでくれるなんて!そりゃ、彼女に尽くしたくなるよ!」なんて、女性の私が納得したことを覚えています。

男性は女性を喜ばせたい!
女性の喜ぶ顔が見たい!

だから女性が喜んでくれると、もっともっと喜ぶことをやってあげたくなる。

これが、愛され女子の尽くされスパイラルです。

【4】尽くされる女性は尽くさない

これはもう当たり前なんだけれど、尽くされる女性は尽くさないんです。

女性が尽くせば、男性が尽くす出番がなくなってしまいますからね。

尽くさないと言っても、もちろん何もしないわけではなくて、彼女たちには「してあげている」という発想がない。

「してあげている」じゃなくて、「したくてする」のです。

めちゃくちゃ自分軸なんです。

なので、したくないときには、しない(笑)。

男性って、女性が自由気ままに楽しそうで、幸せそうにしているのが好きなんです。

だから、尽くしてくれなくていいから、ただ隣で楽しそうに幸せそうにしていてくれー!というが本音だったりするんですね。

Twitterしてます。フォローや「いいね」本当にありがとうございます♡

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール
関連記事