ココロを磨く

他人と比べるのをやめると自分を好きになる

他人と比べるのをやめると自分を好きになる

自分を好きになると、人生がもっともっと楽しくなります。

生きるのが楽になります。

恋愛も楽しくできるようになります。

日本人は世界のなかでも、胸をはって「自分を好き」と言える人が少ないと言う調査もあるほどで、国民性といってしまえば仕方がないのかもしれません。

私が海外に暮らしていた時に驚いたのは、街を歩いている人がみんな笑顔だったことです。

一方で東京では、多くの人が無表情で歩いている印象を受けます。

自分を好きになれないことのひとつに、他人と比べてしまうから、という理由があります。

自分の人生の主役はあくまで自分です。

脇役であるはずの他人に影響を受けまくっていては、なんだか楽しくないのは当たり前ですよね。

「あの人は友達がたくさんいて楽しそうだ」
「あの人は男性にモテて羨ましい」
「あの人は好きな仕事をしていて羨ましい」

裏を返せば、

「私は友達が少なくてかわいそう」
「私は男性にモテなくてかわいそう」
「私はイヤイヤ仕事をしていてかわいそう」

と、自己否定のかたまりになってしまいます。

Facebookをよく利用する人ほど、他人にくらべて自分は不幸だと感じている、との調査が存在するぐらい、

他人と比べていては、自分を好きにはなれず、人生を楽しめなくなってしまうのです。

幸せな人って他人に妬まれやすいですが、それはやっぱり、妬んでしまう人が自分と比べてしまっているからですよね。

だけど、比べることをやめれば、人を妬むことなく、自分を好きになれ、自分の人生を生きていけるようになります。

エネルギーは限られています。

その限られたエネルギーを他人と比較することで、落ち込んだり妬んだりすることに使ってしまっては、なんと勿体ないことでしょう!

自分が主役の人生を歩みだせば、楽しくなります。

私はこうして、恋愛ブログを書いていますが、世の中には恋愛ブログなんてたくさんありますよね。

「あの人はいいこと書いてるなぁ」
「あの人のブログは面白いなぁ」

って、ただ事実として思うだけならいいんだけど、そのことと自分を比べてしまうと、ブログが書けなくなってしまいます。

「どうせ、私にはあんなこと書けない」ではなく、「でも、私には私にしか書けないことがある」というのが、他人と比べない、ということですね。

SMAPの曲の歌詞にもありますが「もともと特別なオンリーワン!」なんです。

つい他人と比べてしまうのは、意識がつねに他人に向いているからです。

意識がまったく自分に向いていないんですね。

人生って、何に意識を向けるかで変わってきます。

つねに他人に意識を向けていれば、他人に振り回される人生を歩んでいくし、自分に意識を向ければ、自分が望む未来をみながら、自分の人生を歩ませていくことができます。

大切なのは、

「自分はどうしたいか?」
「自分は何がしたいか?」
「自分はどうありたいか?」

です。

きっと、私は「他人と比べて、妬たみたい」「他人と比べて、自己否定しまくりたい」なんて人はいないでしょう。

本当はそんなことしたくないでしょう?

自分を好きな人は、「私は○○ができるから好き♡」「私は可愛いから好き♡」などと、○○だから好きなわけではありません。

ダメな自分も含めて、自分を受け入れているから好きなんです。

他人と比べることもしないし、他人にどう思われてもいい。

いい意味で他人を気にしないので、そんな自分のある人は、他人にとって魅力的に映ります。

そして、自分を好きな人は、他人にも優しくなれてしまいます。他人のちょっとしたことも許してしまえるし、だから敵が少なく、周りからも自然と愛されてしまいます。

他人と比べてしまうのは、自分に意識が向いていないから。

「自分はどうしたいか?」
「自分は何がしたいか?」
「自分はどうありたいか?」

を考えるクセをつけていくことで、少しずつ他人と比べることが少なくなっていきます。

「こんな自分になりたいなぁ♡」と考えるのも楽しいですね。

これはもちろん、いまの自分を否定している、というワケではありませんよ。

理想の自分に向かって、いまを楽しもうとしています。

「こんな自分はダメだ・・・」ではなく、「こんな自分になれたらもっと素敵だなぁ♡」です。

もともと特別なオンリーワン!

自分を好きになると、周りも自然とあなたを好きになります。

そして、人生がもっともっと楽しくなりますよ。

私も利用してます♡OZmallが厳選したエステサロンで綺麗になろう。

イトイハナのお気に入り
イトイハナのお気に入り

美容系や雑貨、ファッションなど、私のお気に入りアイテムをたまに更新していきます。お時間があれば、ぜひのぞいてみてくださいね。

イトイハナのお気に入り