愛されオンナ磨き

自分と似ている人を好きになるのか、その反対か?

自分と似ている人を好きになるのか、その反対か?

あなたの好きな人は、あなたに似ていますか?それとも似ていませんか?私の場合は・・・似ているところもあれば、似ていないところもあります。これまで好きになった男性も、似ているところと似ていないところがあったなぁと思います。「自分と似ている人を好きになる」とも「似ていない人を好きになる」とも言われるこの問題、果たしてどちらが正しいのでしょうか?

「人は自分に似ている人を好きになる」と言われることもあれば、「自分に似ていない人を好きになる」と言われることもあります。

あなたはどちらのタイプですか?

と言いたいところですが、これはタイプでもなんでもなく、みんな両方を兼ね備えているように思います。

たとえば、物静かな女性A子さんがいるとします。

物静かな女性のA子さんは、本当は心の奥底で「わたしも友達とワイワイ賑やかに過ごしたいなぁ」と思っていたとします。

そうすると、好きになる男性は「友達が多くてワイワイ遊ぶような男性」だったりします。

そして、物静かな男性にはあまり惹かれません。

自分にないものをもっている男性に惹かれるわけですね。

一方で、物静かな女性のB子さんは、物静かな自分の性格をすごく気に入っています。物静かで落ち着いている自分が好きです。

そうすると、おなじく物静かで落ち着いている男性も好きになることはあるし、友達が多くてワイワイ遊ぶような男性も好きになる場合があります。

どうゆうことかというと、

自分のなかで「自分の嫌いな部分、コンプレックスに思っている部分」があれば、それと反対のものを持っている異性を好きになりやすいということ。

つまりは、相手によって自分の足りない部分を埋めたい、という心理が、自分と似ていない人を好きになる、ということです。

だから、「自分のことが好き!」という人は、いろいろなタイプの異性を受け入れやすいし、反対に自分の性格に嫌いな部分が多いと、好きになる異性のタイプが限られてくるのですね。

(なかなか彼氏のできない女性のなかに、なかなか人を好きになれない、という女性もいますが、そのような女性はもしかしたら、自分のなかに嫌いな部分が多いのかもしれませんね。)

自分の嫌いな部分と反対のものを持っている異性を好きになりやすい、とすれば、好きな人の「俺、自分のこうゆう性格いやだなぁ」と反対のものを持っていれば、恋がうまれる、なんてこともあるかもしれません。

一方で、価値観にかんしては自分に似ている人を好きになりやすいように思います。価値観が似ているということは、お互いに認め合うことができますからね。

たとえば、洋服に関する価値観。

ある程度お洒落に気をつかう人の場合、まーーったく服に気を使わない異性より、ある程度お洒落に気をつかう異性の方が好きになりやすいでしょう。

しかし反対に、服にまったく気を使わない人は、服にそれほど気を使わない人も好きになるし、ある程度お洒落に気を使う人も好きになります。

それは、洋服に価値観を置いていないから、どちらでもいいのですね。

つまり、自分がなんとなく大事にしているもの・ことが似ている人は、好きになりやすい、ということ。

”なんとなく”と書いたのは、べつに人を好きになるときに「あ!服の価値観が似てる!」なんて思わないから。

価値観ってふだんはあまり意識していなくて、無意識に自分の中になんとなく存在しているものです。

そうゆう、無意識に存在している自分の価値観にあう異性を好きになる。

それが、なんとなく似ている人を好きになる、ということではないでしょうか。

スポンサードリンク