愛されオンナ磨き

愛されたいなら面倒くさい女をやめよう

愛されたいなら面倒くさい女をやめよう

あなたは大好きな彼にとって、面倒くさい女性になっていませんか?愛されたいなら、面倒くさい女性はやめること!男性にとって手のかかる女性は愛したいけれど、面倒くさい女性は、ただの面倒くさい女。なるべくなら関わりたくないと思ってしまう存在なのです。しばらく距離を置こうか・・・と言われかねないのです。

ちょっとぐらい手のかかる女性は愛されます。
だけど、面倒くさい女性は、ただ面倒くさいだけです。

手のかかる女性と面倒くさい女性は、
似ているようで、ぜんぜん違います。

手のかかる女性というのは、
男性から見て、ほおっておけない女性。
ついついかまいたくなる女性。

なぜなら、

手のかかる女性には、男性に対して、彼に対しての信頼が根っこにあるからです。

彼を信頼しているから、
ワガママが言えるし、
自分らしく自由に振る舞うことができます。

男性も、信頼してくれていると感じることができるので、そんな女性を愛したくなります。

一方で、

面倒くさい女性は、
どのような女性かというと、

彼の話の裏を読もうとしたり、

言いたいことを言えずに我慢をして、
勝手に不機嫌になるような女性です。

「察して!」ほしい女性です。

手のかかる女性は、彼に対する信頼がベースにあるのに対して、

面倒くさい女性は、彼に対する不信感や疑い、不安がベースになっています。

自分に自信がないゆえ、
彼が自分を好きでいてくれていると信じる気持ちもないゆえ、

彼のLINEのひと言などに踊らされてしまい、
勝手に不安な妄想を繰り広げ、

挙げ句の果てに、
勝手に不機嫌になったり、
彼にそっけない態度をとってしまったり。

わたしも、こんな経験は幾度とあります!

本当に男性にとって面倒くさい女でした。

「こうしてほしい」
が言えずに勝手に不機嫌になって、
LINEでそっけない返信をすることはしょっちゅう。

それじゃあ、愛想尽かされるのも無理はありませんよね。

(しかも、「こうしてほしい」と言えないのは、言ったら面倒くさいと思って嫌われると思っていたから。)

(だけど、「こうしてほしい」と言わずに勝手に不機嫌になるほうが、よっぽど彼にとって面倒くさいのです。)

男性って、本当に「察して」くれない生き物です。

女性にとっての当たり前が当たり前じゃなかったりするし、「察して」くれない、というより、察することができないのです。

だからここは、潔くあきらめましょう。(笑)

男性と女性には考え方や行動に多くの違いがあります。

恋愛では、その男女の違いを楽しめる余裕が大切だなぁと最近思います。

とくに面倒くさい女性は、

なんでもかんでも、
「こうしてくれないのは、私のことを好きじゃないから」

などのように勝手に彼の気持ちを悪い方へ決めつけて、
自分で不安をつくりだすのが上手です。

でも、

「こうしてくれない」と「私のことを好きじゃない」
をイコールで結びつけないこと!

「こうしてくれない」という事実があるだけで、
そこは男女の考え方の違いであることは、
よくあることです。

そういった意味で、
男性心理を勉強していると、
余裕がでてきます。

わたしも男性心理を勉強するようになって、

「こうしてくれない」と「私のことを好きじゃない」
がイコールじゃないと思えるようになりました。

それよりなにより、
自分に自信があって、
彼を信頼していたら、

このような面倒くさい女の思考にはならないんですね。

「どうやって信じたらいいの?」
って思うかもしれませんが、

自分で自分を信じるしかないし、
あなたが選んだ男性だもの、
あなたが信じてあげるしかありません。

彼が好きなら信じる!

まずは信じることで、
面倒くさい女をやめることができます。

面倒くさい女性になって、
いつか彼に愛想をつかされるかもしれない人生より、

面倒くさい女性をやめて、
彼に愛される人生のほうが、いいでしょう?

彼がこれまで出会ってきた女性が、
面倒くさい女性たちだったとしたら、

あなたが面倒くさい女性を卒業することで、
「これまで出会った女性と違う!」
って思ってもらえるのではないでしょうか。

スポンサードリンク