愛されオンナ磨き

話すより聞くほうが「好き」をアピールできる

話すより聞くほうが「好き」をアピールできる

好きな人にはさりげなーく「好き」をアピールするのが基本!そのさりげなーく「好き」をアピールするために、ボディタッチをしたりだとか、褒めたりとか、いろんな方法があると思いますが、誠実に好意をアピールするなら、相手の話をちゃんと聞くこと!これだけで好意って伝わるものなのです。

スポンサードリンク

好きな人を目の前にすると

「自分のことを知ってもらいたい!」
「自分を好きになってもらいたい!」
「可愛いって思われたい!」
「好意があることをアピールしたい!」
「つぎの約束につなげたい!」
「場を盛り上げなくちゃ!」
「一緒にいて楽しいって思われなくちゃ!」

などと、ついつい話すぎてしまう女性も多いと思います。

一方で
「緊張してしゃべれない・・・」
という微笑ましい悩みをもつ女性もいると思いますが

好きな男性には、好意があることを伝えるのが基本のキです。

といっても、もちろん

いきなりガツガツとアピールしてしまうのではなく
「好き♡」とド直球に言葉にするのでもなく

「あーこの子は俺のこと好きなのかな〜」
って、さりげなくわかるぐらいの好意です。

男性はとくに、自分に好意的な女性に対して好印象をもちやすく、好意を向けられてから興味をもつパターンも多くあります。

そんなとき!

「●●さんのこうゆうところが素敵ですよね♡」

なんて褒めるのももちろんいいのですが、

あれやこれやとたくさん話すより、好きな男性の話を聞くほうが、「好き」をアピールできるって知ってましたか?

「単に聞き上手な女性はモテる!」
なんて話ではありません。

自分の話を一生懸命に聞いてくれる。
「うん、うん」ってうなずきながら聞いてくれる。
前のめりになって聞いてくれる。

このような態度からは、「あ、俺に興味もってくれてるんだなぁ。」というのが伝わるのです。

SNSが流行るように人には承認欲求があるので、自分に興味をもってくれる人がいるって、とても嬉しい気持ちになります。

話を聞くというのは一見すると受け身に見えますが、じつは好意を伝えるという点では、ものすごく積極的な態度です。

だから

好きな人にさりげなく「好き」を伝えるには、世間一般に言われるボディタッチや褒めまくる、なんていうのもいいけれど

「相手の話を一生懸命に聞く!」
が、誠実に好意が伝わりやすく、相手にも好意をもってもらいやすいのです。

好きな男性を前にして、「自分をよく見せなきゃ!」なんてことばかりを気にしてしまうより

「彼のことをもっと知りたいな♡」という素直な気持ちで、彼の話をちゃんと聞く。

そうゆう姿勢でいれば、彼にも好意が伝わるし、きっと彼もあなたに好印象を抱くでしょう。

↓↓恋愛ブログの人気ランキング♡↓↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ

スポンサードリンク