思考・マインド

彼に愛されるために大切なひとつのこと

彼に愛されるために大切なひとつのこと

彼に愛されたくて男性心理を勉強したり、見た目を磨いたりするのは素敵なこと。

だけど、その前に大切なひとつのことがあります。

それは・・・

わたしは彼に愛されている

と思い込むこと。

自分の価値をちゃんと認めてあげること。

「愛されたい!」と思うときは、「愛されていない」って自分が思っている、とうこと。

「彼に愛されている」と思っていたら、「愛されたい!」なんて思わないですものね。

「愛されたい!」って思っていると、いつまでも、その「愛されたい!」と思っている現実がやってきます。

すでに「愛されている」、”愛”がある、と思っていると、愛のある現実を引き寄せてくれます。

そして

「わたしは彼に愛されている」
と思ってする言動と

「わたしは彼に愛されていない」
と思ってする言動は

まったく違うものになってきます。

「わたしは彼に愛されていない」
と思っていると

彼に好かれよう、好かれようとして行動してしまうから、本来のあなたのよさが全く発揮されません。

彼の都合にあわせてしまったり、なにかと彼の下手に出るようになってしまいます。

また、LINEの返信が遅かったりすると、自分の都合の悪いほうへ妄想が働いてしまうのです。

「わたしとLINEをするのが面倒になったのかな」
「LINEに変なこと書いちゃったかな」

って。

そうやって、自分で自分を苦しめて、うまく行くはずの恋愛が悪い方向へ向かってしまいかねません。

一方で

「わたしは彼に愛されている」
と思っていると

彼に好かれようと必死にならないので、自分がどうしたいのかをハッキリ伝えることができます。彼に媚びようともしません。

そうゆう自分を持っていることや、適度に可愛いワガママ(ワガママも、自分は愛されていると思わないと、なかなか言えなくなってしまいます。)が、彼の目には魅力的にうつります。

彼のLINEの返信が遅くても
「いま忙しいんだなぁ♪」
「すぐ返信しなくてもいい内容だし、まぁ、いっか」

と、楽観的に捉えることができます。

だって、彼に愛されていると思っているから♡

こうやって、返信が遅いことに対しても不機嫌にならずに、不安にもならずにいるので

彼も自分のタイミングで返信ができるので、楽だし安心なのです。

もしこれが、ちょっと返信が遅くなるだけで不安になるような彼女だったら、彼にとってLINEの返信が義務になってしまいます。

彼女とLINEをするのがだんだんと億劫になってくるでしょう。

以上のように

「わたしは彼に愛されている」
と思っている女性と

「わたしは彼に愛されていない」
と思っている女性とでは

言動も考え方もまったく違うものになってくるのです。

わたしは強く思い込むことができると、現実が変わると思っていますし、実際に現実があとから追いついてきた!

という経験を味わっています。

「わたしは彼に愛されていない」より

「わたしは彼に愛されている」を選んでみませんか?

お知らせ: Twitterをはじめました♡恋に効く言葉をつぶやいていきます。

ABOUT ME
イトイハナ
イトイハナ
【愛されオンナ研究家】男性心理を中心に心理学や引き寄せの法則を学び思考を変え、追いかける恋愛から大好きな人に愛される恋愛が叶う。その経験などを元に”スルッと愛される女になる!” をテーマに恋愛ブログを執筆中。パートナーと暮らしながら、愛される女性について研究しています。→プロフィール
関連記事