愛されオンナ磨き

自分を大切にするとは?

自分を大切にするとは?

自分を大切にしている人って、他人から雑に扱われることはないし、大切にされます。もちろん彼からも。彼から大切にされてないなぁって感じている人は、自分を大切にしてみてください。と言われても「自分を大切にする」ってどうゆうことなんだろう?いまいち抽象的すぎて、自分を大切にするにはどうすればいいんだろう?って思う人もいることでしょう。その答えを書いていきますね。

スポンサードリンク

自分を大切にしている人は、まわりの人に大切にされます。

もちろん、彼からも大切にしてもらえます。

でも、自分を大切にするってどうゆうこと?

と頭を悩ませる人もいるでしょう。

アロマサロンや、ホテルのレストランなどへ行くと、お客様としてとても大切に接客してもらえますよね?

そうゆう、大切にされる感覚を味わうのも大切ですが、

最近わたしが思うのは、

自分を大切にするとは、自分の気持ちを大切にする

ことだなぁ、ということ。

「なんか行きたくないなぁ」
と思ったお誘いは、断る。

「眠たいなぁ」
と思ったら、寝る。

「疲れたなぁ」
と思ったら、ゆっくりお風呂にはいる。

「なんか美味しいものが食べたい!」
と思ったら、食べたいものを食べる。

「カフェでまったりした〜い」
と思ったら、カフェへ行く。

ちなみに私は、

「チーズケーキが食べたいなぁ♪」
と思ったので、

さっき、チーズケーキを買ってきました♡

自分の気持ちの素直な人って、
嫌われるどころか、好かれます。

わたしの周りを見ていても、

行きたくないお誘いをハッキリ断るような、自分の気持ちに正直な女性は、雑な扱いを受けません。

しかも彼女たちは、彼からものすごく大切にされています。

自分の気持ちに素直=自分を持っている

女性として見られます。

あっちにフラフラ、こっちにフラフラと、他人の意見に流されたり、

「これをしたら、どう思われるだろう?」

と、自分の気持ちより他人の目を気にする人は、総じて都合よく扱われがち。

”自分がない”人って、話していてもつまらない。

だけど、

ちゃんと意見を言う人って、愛されますよね。

彼とのデートでも、

食べたいものがあればちゃんと言う。

「なんでもいい」って、つまらない!

彼に気をつかっているのかもしれないけど、
そんな気遣いは、彼は嬉しくない!

行きたいところがあれば、ちゃんと言う。

それで彼が行きたくなければ、また今度でもいい。

「どこでもいい!」とか「どっか連れてって!」は、つまらないもの!

自分を大切にするって、自分の気持ちを大切にすること。

ひとりでいる時もそうだし、
誰かといるときもそう。

ちゃんと自分を持っている女性が、彼に大切にされるし、愛される。

↓↓恋愛ブログの人気ランキング♡↓↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ

スポンサードリンク