愛されオンナ磨き

人は自分が見たいもの見る!彼に愛されている私を見よう

人は自分が見たいもの見る!彼に愛されている私を見よう

脳にはRASという機能があって、たくさんある情報のなかから、自分が見たいものだけを見るようにできています。だから、幸せな恋愛をする上でも、このRASという機能はとても大切で、彼を疑いの目でみていると、それを証明するかのような情報ばかりが集まってしまいます。反対に、彼は私を愛しているという目でみていると、それを証明するような現実が目の前に広がります。

スポンサードリンク

人って自分が見たいものを見るようにできています。

「留学してみたいなぁ〜」って思い始めたとたん、ネットで海外に関する情報ばかりが目についたり、カフェでお茶をしていたら、隣の席のふたり組が留学の話をしていたり。

「もう少し痩せたいなぁ〜」って思い始めたとたん、スポーツジムの広告を目にするようになったり、本屋さんをブラブラしていたら「やせるおかず」という本を見つけたり。

これは、脳が見たいものを見るようにできているから。

脳には、自分が見たいものを見るフィルターがついているから。

だから、逆に

自分が見たいと思わないと、見ることができない、ということ。

そういえば、こんなことがありました。

新しい家に引っ越して数日後、友達が引っ越しのお祝いにきてくれることになりました。

駅から家まで歩いていると、友達がボソッと「ずっと坂道続いてるんだね」って言ったのです。

そのときはじめて、駅から家まで坂道がつづいているということに気づきました。

新しい環境での新しい生活を思い描いてルンルンしていたので、坂道という情報はまったく私の目にも体にもはいってこなかったんです。

新しい生活に対するワクワクばかりを見ていたので、坂道という苦しい!?現実は見えていなかったのです。

だから、いま苦しいなぁと思っている人は、苦しい現実を見たいと自分が望んでいるから、脳が見せてくれています。

ワクワクを見ようと思ったら、ワクワクする現実を脳が見せてくれます。

そしてこれは、恋愛にも言えること。

彼はモテる人だから心配・・・と彼のことを疑いはじめると、それを証明するかのような状況ばかりが目の前に現れてしまいます。

どこからか、彼が女の子と一緒に歩いていたという噂が耳に入ったり、トイレに携帯をもっていくようになったり、夜にLINEをしても既読にならなかったり。

そうゆう、彼を疑うような現実が目の前に現れてしまいます。

だから逆に、

私は彼に愛されているんだって信じていると、をれを証明するような現実が目の前に現れます。

彼に愛されているんだなぁという現実ばかりを見るようになります。

どちらを見たいかは、あなたが決めることができます。

自分が見たい!と思わなければ、見ることはできません。

だから、見たくないことばかりを見ようとするのはやめて、ちゃんと自分が見たいものを見ましょうね♪

なんでこんなに愛されているんだろう?」でますます愛される

「なんでこんなに愛されているんだろう?」で愛されている実感がやってきた

上記のブログで書いたように

「なんでこんなに愛されているんだろう?」と思って過ごしていると、脳は「愛されている理由」を見たがっているんだなと、愛されていることを証明するような出来事を見せてくれます。

「私は彼に愛されてる♡」
っていうテイで過ごしていると、愛されている現実を目にすることができます。

あなたが見たいのは、彼を疑う現実じゃなくて、彼に愛されている現実ですよね?

そうゆう現実を、ちゃんと見ましょう♡

↓↓恋愛ブログの人気ランキング♡↓↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ

スポンサードリンク