愛されオンナ磨き

「好きじゃない人には好かれる」を「好きな人にも好かれる」に変えよう!

「好きじゃない人には好かれる」を「好きな人にも好かれる」に変えよう!

”恋愛のあるある”のひとつ。「好きじゃない人には好かれるのに!」問題。人に好かれるって、素敵なこと。だけど、好きじゃない人、じゃなくって、好きな人に好かれたい!が本音ですよね。だったら、「好きじゃない人には好かれるのに!」をやめて、今日から「好きな人にも好かれる」私でいきましょう。

スポンサードリンク

「好きじゃない人には好かれる」問題。

女性の恋愛のあるあるですよね。

男性は基本的に女性が大好きです。

女性よりも好きなる範囲がうんと広い。

「10人の女性がいたら、そのうち8人は好きになれる」
っていうのを、昔なにかで読んだことがあったのか、テレビで聞いたのかは忘れましたけど

それを男友達に聞いたら
「いや、さすがに10人中8人はないでしょ!(笑)」
って言ってましたが・・・

それにしたって、一方で女性は、10人いても0ってことも多いにありますよね。

男性は
「女の子だなぁ〜♡」
って思うと、好きになれる。

もちろんそれだけではないんだけど、基本的には「女の子だなぁ〜♡」は、好きになるとっかかりだったりします。

それで

「好きじゃな人には好かれる」問題について。

私もこれまでにたくさん経験しています、この問題。

私が思うに!

その男性に、笑顔をむけたりだとか、気軽に話しかけたりだとか

男性からみたら、好意のカケラ(のように見える)ものを散りばめているんです、無意識に。

「女の子だなぁ〜♡」
に加えて

「もしかして、俺のこと、好きかも?いや、少なくとも嫌われてはないよな?」
が加わると

「好きじゃな人には好かれる」が発生するのではないかと思います。

”好きじゃない人”とは言っても、”嫌いな人”ではないんです。

恋愛感情ではなく、人として、友達としては好意があったりもするでしょう。

だから、ふつうに接することができる。
いつもの自分を見せることができる。

要は、めちゃくちゃ自然体なんです!

それが好きな人が相手となると

どこかで力が入ってしまう。
緊張してしまう。
「嫌われないように」と遠慮してしまう。
「わたしを好きになって♡」と下手にでてしまう。
好意を見せすぎてガツガツしてしまう。

これって、まったく自然体じゃない!

人は、男性は、好意を向けられると、純粋にすごく嬉しい。

だから素直に好意を向けられると、好きになることも大いにある!

だけど、好きな人の前になると、素直に好意を向けられなくなってしまう。

「どうにかしたい!」
「嫌われたくない!」
「好きになってもらいたい!」

などと様々な思いが心に生まれてしまうから。

つまり

好きな人の前でも、めちゃくちゃ自然体でいられたらいい♡

「どうにかしたい!」
「嫌われたくない!」
「好きになってもらいたい!」

を抜きにして

ただ「好き♡」って気持ちでいればいい。

「それが難しいんだよー!」
という声が聞こえてきそうですが

(実際にわたしも難しかった・・・)

最初にも書きましたが

男性は基本的には女性が大好きなんです。

だから、ちょっと何かしたから、何か言ったからといって、嫌われることはまずありません。

自然体のあなたが、ニコニコ笑顔で話しかけてきてくれたら、”好きな人にも好かれる”が発生することだって大にあるでしょう。

そして最後はコレ、思い込みが大切です。

「わたしは好きな人にも好かれる♡」
って思い込むこと。

「好きじゃない人”には”好かれる」って、「好きな人には好かれない」って心のどこかで思ってしまっているってことです。

だから、「好きじゃない人には好かれる」という思い込みを、今日、いまこの瞬間からやめる!

そして、「わたしは好きな人にも好かれる♡」という新しい思い込みに変えてしまいましょう。

↓↓恋愛ブログの人気ランキング♡↓↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ

スポンサードリンク