愛されオンナ磨き

女性が夢中になりすぎると、男性が夢中になれない!

女が夢中になると、男が夢中になれない!

彼が私に夢中になってくれたらいいのに・・・。

恋に悩んでいる女性の多くがかかえる、この問題。

だけど、

「彼を夢中にさせたい!」

と思っている女性は、自分が彼に夢中になっているから、そう思うのです。

自分ばっかり夢中でズルい!

と。

お付き合いをしている、していないに関わらず、

女性が夢中になりすぎていると、男性が夢中になりたくても、夢中になれません。

本来、男性は女性を愛したい!

Kinki Kidsの歌にもありますよね。

「愛されるよりも、愛したい、まじで!」

女性は恋をすると、ついつい好きな人に夢中になってしまいます。

いつもいつも、仕事をしていても、ひとりでいても、彼のことで頭がいっぱいになってしまいます。

これだけ思える人がいるなんて、とっても、とっても素敵なこと!

だけど、その夢中であるまま、彼にぶつかってしまうと、

彼が夢中になる隙がありません。

本当は、あなたに夢中になりたいのに、夢中になることができず、彼もモヤモヤしてしまっているのです。

男性は女性を愛したいし、

女性は、男性に愛されたい!

これが、理想の恋愛のカタチ。

本来の恋愛のカタチ。

男性は与える性で、女性は受け取る性。

だからもしも今、あなたが彼に夢中になりすぎているなら、一度、引いてみることを覚えてほしいのです。

彼だって、本当はあなたに夢中になりたいんです!

だけど、それを阻んでいるのは、夢中になりすぎているあなたなのです。

引くといっても、いきなり連絡をしなくなるとか、冷たくするとか、そんな極端なことじゃなくって。

彼以外に夢中になれることを、見つける!

新しい趣味をみつけるとか、目標をみつけるとか。

”綺麗ごと”って思うかもしれないけれど、やっぱり彼以外に夢中になれる趣味ができたり、仕事が忙しくなって、必然的に彼のことを考える時間が減って・・・

そうしているうちに、彼から追いかけてくるようになった、彼が夢中になった、というケースはよくあることなんです。

これは駆け引きじゃないんです。

本当は連絡したくてたまらないのに、無理して連絡をしない、みたいな駆け引きって、うまくはいかないもの。

彼は大好きだけれど、彼以外に夢中になれることがある。

そうゆう時、自然と彼に対する気持ちもかろやかになり、恋愛の歯車がうまくまわりはじめます。

「彼を夢中にさせたい!」

そう思ってしまう時は、あなたが彼に夢中になりすぎている時。

彼を大好きな気持ちはそのままでいいから、彼以外に夢中になれることを見つけて、力を抜いた恋愛をしよう♪

私も、彼が大好きすぎて夢中になりすぎていた時は、自分ばっかり!って思っていました。

だけど、他に夢中になれることが見つかってからというもの、彼のほうから歩み寄ってくれることが多くなりました。

彼に「大好き!」って気持ちをぶつけるのは楽しいけれど。

だけど、やっぱり!

彼から「大好き!」って気持ちを、はっきりとした言葉ではなくとも伝えてくれるほうが、女性は嬉しいですよね♪

↓↓恋愛ブログの人気ランキング♡↓↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ

スポンサードリンク