愛されオンナ磨き

電化製品が壊れるのは自分が変化している証拠!

電化製品が壊れるのは自分が変わっている証拠!

電化製品が壊れると、なんだか衝撃が大きいですよね!「えっ、なんで!?困る」って。でも実は、電化製品が壊れるのは、自分が変化している証拠だったりするのです。だから、電化製品が壊れたからと言ってショックを受けるより、「わぁい、いいことが起こるかも♪」ぐらい気分をあげて、ますます引き寄せちゃいましょう。

スポンサードリンク

引き寄せの法則を学んで、毎日いい気分で過ごしたり、すでにある豊かさを感じたりしていた、そんなある日。

いい気分で過ごすことを意識して一ヶ月ほど経った頃でしょうか。

毎日使っていた、電気ケトルの電源がつかなくなりました。

シンプルでお洒落なデザインのその電気ケトルは、かなりお気に入りのものでした。

前日までは何事もなく当たり前のように使えていたので、一瞬「えっ!なんで急に?」とびっくりはしたものの、

たまたま接触が悪かったのかな、と思い、しばらくは放っておいて、その後また一週間ぐらいして電源を入れてみました。

しかしやっぱり電源はつかず、どうやら本当に壊れてしまっているようでした。

いい気分で過ごすことに慣れていたので(できるだけ不安や落胆などのネガティブな感情がでたら、元に戻すことも得意になりました!)壊れたからといって落胆することもなく、「まぁ、お鍋でお湯をわかせばいっか♪」とすぐにポジティブになれるようになったなぁと思いながら、あることを思い出したのです。

そういえば!

引き寄せの法則を実践していくと、電化製品が壊れる、ということはよくあることだと、聞いたことがありました。

量子力学の研究では、私たちの体も、モノも、そして宇宙全体も、ずーっと細か〜く分解してくと、最終的には”素粒子”になります。

私たちも、周りにある机やテレビ、壊れてしまった電気ケトルも、素粒子のかたまりです。

素粒子は波のように振動していて、この振動のことを、波動とかエネルギーとか言ったりするのですが、この振動数が同じもの同士がひかれあう、というのが引き寄せの法則です。

ラジオの周波数で考えるとわかりやすいですね。

ラジオを聴くとき、ききたい周波数にあわせますよね?

それとおんなじで、幸せになりたいなら、今、幸せの周波数を出せば、幸せを引き寄せます。

だから、不安な波動を出していれば、不安な出来事を引き寄せるし、

逆に、ワクワク楽しい波動を出していれば、ワクワクするような出来事を引き寄せます。

で、話をもどして。

電化製品が壊れるのは、どうゆうことかというと・・・

その電化製品が出している波動が、自分の出している波動とあわなくなったから、壊れた!

ということ。

いつもいい気分で過ごしていることによって、自分の出す波動が変わった、ということ。

だから、電化製品が壊れたからって落ち込まなくて、いいんです。

むしろ、自分の波動、エネルギーが高まって、これから今まで以上の素敵な毎日がやってくる、と言えます。

ズバリ!人生の転機を迎えている、ということなのです。

↓↓恋愛ブログの人気ランキング♡↓↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ

スポンサードリンク