愛されオンナ磨き

デートの後のLINEに「ごめんね」はいらない

デートの後のLINEに「ごめんね」はいらない

好きな男性に嫌われたくないばかりに、ついついデート後のLINEに反省文を入れてしまうことがあります。「◯◯しちゃって、ごめんね」なんて。でもこれは必要ありません!むしろ送らないほうが、男性にとっても嬉しいんです。男性は、女性がデートを楽しんでくれているか気にしています。だから、「ごめんね」じゃなくて「ありがとう」。デート楽しかったよ!と伝えて、安心させてあげてくださいね。

スポンサードリンク

よっぽど何かしでかしてしまった時には、人として「ごめんね」は必要ですが

そうでない場合

男性とのデートの後のLINEに「ごめんね」は必要ありません。

たとえば

「私ばっかりたくさんしゃべって、ごめんね」
「たくさん連れまわしちゃって、ごめんね」

と送りたくなってしまう時

「ごめんね」じゃなくて「ありがとう」にする習慣を身に付けたいものです。

「私ばっかりたくさんしゃべって、ごめんね」
→「話いっぱい聞いてくれて、ありがとう」

「たくさん連れまわしちゃって、ごめんね」
→「いろんなところ一緒にいってくれて、ありがとう」

男性は、女性に気を使われるのがあまり好きではありません。

それよりも「ありがとう」と言ってくれることで
「よかった〜楽しんでくれたんだなぁ♪」と安心するのです。

そうなんです!

男性って、女性がデートを楽しんでくれたか、ものすんごく気になっているんです!!

自分が楽しませることができたか、とっても気になっているんです!

楽しませることができれば、それが男性にとって自信につながるのです。

女性にはあんまりない感覚ですよね?

「ごめんね」と、気をつかったつもりでLINEをしても、男性は「あんまり楽しんでくれなかったのかなぁ」と受け取りかねません。

次のデートにつなげるためにも、「楽しかったよ!」が伝わると、男性もまた会いたいなぁって思うし、誘いやすいもの。

だからデート中も、彼の言動をいちいち気にしながらしゃべったり、行動したりするよりも、女性はとにかく楽しめばいいから、楽チンですよね。(笑)

一方で男性は、女性を楽しませるために頭のなかをフル回転させて、頑張っているんです。

「このレストラン気に入ってくれたかなぁ」
「俺のはなし、つまらなかったかなぁ・・・」

って。

だから、デートの後に「楽しかったぁ♪」が伝わるLINEが送られてくると、ようやく安心するんです。

なんだか男性って可愛いですよね。(笑)

そんな時に「ごめんね」が送られてきたら、「逆に気をつかわせちゃった・・・」って、しょんぼりしてしまうのです。

もし

「デートでしゃべりすぎちゃったなぁ」
「いろんなところに連れまわしすぎちゃったなぁ」

と思ったら

それを彼に伝えるのではなく、自分のなかで

「次は彼の話をたくさん聞いてあげよう」
「次はゆっくりできるデートにしよう」

って、思えばいいだけどのこと。

もちろん、謝らなければ気がすまない!
ときは「ごめんね」もいいんだけれど

あくまでも「楽しかったぁ♪」が伝わるLINEを送るといいですよ、というお話です。

気をつかって言う「ごめんね」って、けっこう「ありがとう」に変換できるものなんです。

最初にも書きましたが

「私ばっかりたくさんしゃべって、ごめんね」
→「話いっぱい聞いてくれて、ありがとう」

ってするだけで

「オレ、話を聞いてあげられたんだ。彼女もたくさん話せて満足してるみたいでよかった♪」

になっちゃうんです。

楽しませてあげることができたって、自信がつくんです!

だから

たとえば30分ぐらい遅刻しちゃって申し訳ないなぁって思っても、それはデート中に「ごめんね」って言えばいいことで

デートの後のLINEでは、なるべく「楽しかったぁ♪」を伝えたいですね。

↓↓恋愛ブログの人気ランキング♡↓↓
にほんブログ村 恋愛ブログへ

スポンサードリンク